ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. Express5800シリーズポータル
  5. Express5800が選ばれる理由
  6. Express5800シリーズのこだわり製品群
ここから本文です。

Express5800シリーズのこだわり製品群

お客様のニーズを形に

1994年に販売が開始されたExpress5800シリーズは、それまでのオフコン製品に代わるインテルアーキテクチャ(IA)をベースとしたサーバ(PCサーバ)として登場いたしました。発売より20年以上が経過しましたが、常に市場環境の変化に対応しつつ、お客様とともに歩み続けています。

NECのPCサーバを語る上で欠かせないのが、“こだわりサーバ群”です。
長年積み重ねてきた「現場マーケティング」でしか分からない、お客様の真のニーズを反映したサーバを、安心の「国内開発・生産」で細部にまでこだわってお届けしています。今後も、お客様の事業環境をより最適化できるよう、強力バックアップをしていきます。

利用環境最適化への取り組み~タワー型サーバ

店舗や病院、図書館など様々な空間にサーバが設置されるようになり、省スペース性・静音性への関心はますます高まっています。Express5800シリーズでは開発の段階から、機能強化や可用性向上などと同等に、設置環境への心くばりにも注力しています。高度な処理性能を搭載しながら快適な業務環境をつくること。それがサーバ製品を提供する私たちに課せられた使命だと考えています。

UPS内蔵スリムサーバで停電時も安心

予期せぬ停電・瞬電トラブルに対応するため、T110i-Sでは内蔵バッテリーオプションを搭載可能。小型のニッケル水素電池を利用することでバッテリ交換が5年間*不要で、外付け型のUPSを設置する場合に比べ57%の設置面積減を実現しています。管理ソフトウェアインストールや設定作業が不要で、すぐに瞬電・停電対策が可能です。店舗や学校、病院など、省スペース性やメンテナンスフリーを求められる現場に最適です。

  • *:30℃環境まで

【画像】内蔵バッテリイメージUPS内蔵スリムサーバ

デスクトップ設置でも気にならない静音性を実現

サーバの騒音は、日々の業務に影響を与えかねないもの。性能強化のために新たなサーバを導入しても、そこで働く方たちの集中力を妨げ、業務効率が落ちてしまっては本末転倒です。NECではISO7779の基準のもと、お客様の運用シーンを想定した設置条件にてサーバ騒音を測定。製品により、ささやき声ほどと言われる33dB相当、図書館並みの静けさと言われる40dB相当などを実現しています。

ISO7779による測定方法の定義
名称 設置場所 マイク位置
オペレータ位置 定義されたサイズの机に設置 キーボードから25cm
装置から50cm
傍観者位置 具体的な定義なし 装置から1m
  • 光ディスクドライブやバックアップ装置等の動作音については本測定の対象外です。
  • 音圧レベル(dB)とは、音波の圧力を数値化したものであり個人差により実際の音よりも大きく感じることがあります。

ISO7779で定められている測定基準には、大きく分けて「オペレータ位置」「傍観者位置」の2種類があります。装置をどちらの基準で測定するか厳密な定まりがなく、各メーカそれぞれの方針のもとに実施されていますが、NECではお客様の導入検討時と導入後とでイメージに剥離がないよう、装置の位置、利用者との距離、アプリケーション負荷など、適切な条件にて測定した騒音値をお客様に公表し、また、次の製品開発へとつなげています。

【画像】静音性への配慮 タワーサーバでの測定

【画像】静音性への配慮 ラックサーバでの測定

データセンタでの運用性向上の取り組み~モジュラー型サーバ

多数のサーバが設置されるデータセンタでは、管理者による日々の運用工数・コストの削減が重要な課題の一つです。Express5800シリーズではデータセンタ事業者のお客様とともに、運用管理の効率性を追求したサーバを開発してきました。
一つ一つは細かな工夫でも数十台、数百台を日々管理する上では、運用コストとして大きな違いが現れます。一般的に注目されやすい導入コスト、電力コストだけでなく、日々の運用コストにも目を向け、改良を重ねています。

保守・メンテナンス性にも配慮

前面からサーバやハードディスクのメンテナンスが可能

エンクロージャへのサーバ増設やハードディスクの挿抜はすべて前面から実施でき、一般的なラックマウントサーバ同様の運用が可能です。高密度搭載を実現しながら、メンテナンス手順は変わりません。

【画像】「フロントメンテナンス」「背面は通常のラックマウントサーバ同様電源やLANポートのみ配置」

簡単な動作/状態確認なども前面から

本体の前面にステータスランプやUSBポート、グラフィックスポートを装備。簡単な動作確認などは、エンクロージャからサーバを引き出すことなく行えます。

【画像】本体前面イメージ

ご購入前のご相談・お問い合わせ

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい

まだ、導入するかわからない・・・という方でも、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションに数多くの実績を持つNECが対応いたします。

ファーストコンタクトセンター

電話番号は03-3455-5800

月曜日~金曜日(除祝日、弊社休日)
9:00~12:00 / 13:00~17:00

もっと詳しく製品を知りたい方

ショールームクラサバ市場秋葉原店

各製品の展示・デモを通して製品の活用シーンを体験いただけます。NEC説明員による製品説明もございます。無料で見学可能ですので、お気軽にお越しください。

ページの先頭へ戻る