ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. Express5800シリーズポータル
  5. Express5800が選ばれる理由
  6. Express5800シリーズを支える「ものづくり」
  7. 納期遵守
ここから本文です。

Express5800シリーズを支える「ものづくり」

受注から最短4営業日で製品をお届けする仕組みを構築しています。検査で8時間程度は費やすため、ものづくりしているのは実質1日~1.5日間という非常に短いリードタイムでの製造を実現しています。

デリバリへの取り組み

サプライヤーや物流まで含めたサプライチェーン管理により、お客様に回答した納期の100%遵守を実現しています。工場が回答した納期にあわせ物流便を決定し、その出荷便にあわせて製品を生産。更に、NECグループ全体で運用する物流網を利用することで、迅速な配送を実現しています。回答納期を遵守する生産体制を敷くことで、営業は納期調整という業務が不要になり、よりスムーズにお客様に製品をお届けすることが可能になりました。

【画像】デリバリ改革

高度な技術力の育成

【写真】イメージ作業範囲を固定しない独自の生産方式

作業者の技術と品質向上を目的とした技能訓練施設が用意されており、ラベル貼りやネジ締め、ケーブル接続などを徹底した人材育成を行っています。

装置組立のラインでは、独自の「リレー生産方式」を採用し、複数の作業者が作業範囲を固定せずに隣の作業を適時実施する体制で生産しています。複数工程の作業を迅速かつ正確にできる高度な技術力を持つ作業者の育成により、お客様ごとに異なる製品の生産、また生産数の変動にもすばやく柔軟に対応することができます。

徹底したムダの排除

設計前段階

【写真】イメージラインでの動作をあらかじめシミュレーションすることで製造に無理がないラインを構築する

実際の製造を想定した設計・開発を行なうフロントローディングへの取り組みも行っています。作りやすさを考慮せずに設計を行なうと、生産の際、ケーブルの取り回しやネジの取り付けに時間がかかり、また、作業の失敗が起こりやすくなるため、試作の前段階で組み立てやすさを検証し、品質や生産性を早期に安定させる取り組みをしています。

あわせて製造側でもCADデータを元に、作業者が実際どのような動作をするかを見ながら、生産ラインの作りを検討しています。試作機の前に、ラインでの動作をあらかじめシミュレーションすることで、作業者がスピーディかつ高品質に製品を製造できるラインを構築できるよう設計をしています。

部品・部材の受入

【写真】イメージRFIDによる一括検品システム。物流業者がこのゲートを通過することで、自動的に検品が行なわれる

トラックで配送されてきた部品を確認する際に、ワイヤレスタグのRFIDを搭載した「かんばん」を用いることで、効率的に検品する仕組みを導入しています。物流業者は受け入れゲートを通過するだけで、一括検品が実現します。

ご購入前のご相談・お問い合わせ

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい

まだ、導入するかわからない・・・という方でも、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションに数多くの実績を持つNECが対応いたします。

ファーストコンタクトセンター

電話番号は03-3455-5800

月曜日~金曜日(除祝日、弊社休日)
9:00~12:00 / 13:00~17:00

もっと詳しく製品を知りたい方

ショールームクラサバ市場秋葉原店

各製品の展示・デモを通して製品の活用シーンを体験いただけます。NEC説明員による製品説明もございます。無料で見学可能ですので、お気軽にお越しください。

ページの先頭へ戻る