ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. Express5800シリーズポータル
  5. Express5800が選ばれる理由
  6. 節電を支援する省電力サーバへの取り組み
ここから本文です。

節電を支援する省電力サーバへの取り組み

節電と電力活用効率化の必要性

電力供給への懸念や電気代値上げによる対策として、企業内においてもITシステムを含めた業務環境のさらなる省電力化が引き続き必要とされており、それは今夏だけではなく、来年以降も見据えた恒久的な対策が求められています。オフィス内、データセンタ内で電力の一般的な消費比率は、以下のグラフが示すように、ICT製品、空調による電力消費が約50%以上を占めています。

【画像】「オフィスビル」「データセンタ」における用途別電力消費比率グラフ

  • 本効果を試算している前提は、夏期最大電力使用日を想定した猛暑日での、平均的な効果を示したものです。立地条件や建物内の状況、空調設備の種類等により効果が異なる場合もあります。

Express5800シリーズによる節電対策への取り組み

Express5800シリーズでは、約5年以上前よりICT機器の省電力化に向けた取り組みを継続的に実施してきました。ICT単体の省電力化に加え、省電力運用をサポートする運用管理機能を充実、さらなる省電力化を支援しています。さらに昨今では、ICT機器を軸にし、空調機器などのファシリティ全体を含めた節電支援を実現するべく、サーバの動作環境温度を従来(35度)より5度緩和する、最大40度での高温稼働を実現しました。これにより、ICT機器単体の省電力化、運用管理機能での省電力化に加え、空調設定温度を含めた節電対策を支援していきます。

【画像】「オフィスビル」「データセンタ」における用途別電力消費比率グラフ

装置単体での省電力化による節電

高効率電源や省電力CPUなどの省電力パーツ採用によりサーバ単体での省電力化を図り、消費電力を従来比最大26%*削減を実現しています。

【画像】80 PLUS®ロゴマーク

  • 80 PLUS®の高効率電源を採用

【画像】国際エネルギースタープログラムロゴマーク

  • 国際エネルギースタープログラムに適合

  • *:従来機GT110bと新製品GT110dとの比較

節電のための運用機能を標準提供

Express5800シリーズでは、運用管理ソフトウェア「ESMPRO®」とBMCオンボード管理チップ「EXPRESSSCOPE®エンジン」を標準搭載。
運用管理ソフトウェアとBMCとの連携により、遠隔地からCPU、メモリ、ファンといった各種ハードウェアコンポーネントのグラフィカルな監視や電源制御、サーバの操作などが実現可能です。

  • リモート監視、制御、操作
  • UPSレス環境でのスケジュール運転
  • 消費電力の見える化
  • スケジュール運用による節電
  • ピーク電力の制御

【画像】遠隔地からのサーバ監視イメージ

サーバ内部材/構造改善による空調への配慮

サーバ内のエアフロー/冷却部材を徹底的に見直すことで、環境温度最大40℃での動作サポートを実現し、節電対策強化を図っています。

メインフレームやミッションクリティカルシステムの開発で培った「安定稼動」のための冷却技術とスーパーコンピュータ開発で培った「高効率、高性能」な冷却技術のノウハウと実績を活かし、高温稼動に耐える製品設計を実現させました。

部材選定とエアフロー最適化

高温稼動に対応可能とするため、部材レベルでのパーツ選定と合わせて、徹底したシミュレーションによる検証を重ね、エアフローの最適化を実現しました。

【画像】ラックサーバとエントリモデル(タワー型サーバ)内部イメージ

マザーボード設計/開発

マザーボードレベルまで設計/開発を自社で実施している強みを活かし、さらなるエアフロー最適化を実現する部材選定や最適配置を実現しました。

【画像】エントリモデル(タワー型サーバ)内部イメージ

ご購入前のご相談・お問い合わせ

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい

まだ、導入するかわからない・・・という方でも、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションに数多くの実績を持つNECが対応いたします。

ファーストコンタクトセンター

電話番号は03-3455-5800

月曜日~金曜日(除祝日、弊社休日)
9:00~12:00 / 13:00~17:00

もっと詳しく製品を知りたい方

ショールームクラサバ市場秋葉原店

各製品の展示・デモを通して製品の活用シーンを体験いただけます。NEC説明員による製品説明もございます。無料で見学可能ですので、お気軽にお越しください。

ページの先頭へ戻る