ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. イベント・セミナー
  3. 人工知能(AI)活用の実際
ここから本文です。

人工知能(AI)活用の実際

AIを活用するために始めるべきこと ~Oracle製品で実現するITインフラ~

近年ディープラーニングをはじめとするAI技術が発達し、実社会での適用が進みつつあります。
その中で、膨大な画像・業務データの学習・推論・判断をより的確に行うための実用的な処理エンジンと、大量データを効率良く収集・蓄積・加工し活用可能なデータ管理基盤が求められています。
本セミナーではNECの人工知能エンジン「RAPID機械学習」の最新活用事例と、それを支えるデータ管理基盤に最適な Oracle Engineered Systems 製品の活用例を交えてご紹介します。

開催概要

日時
2017年3月6日(月)  14:00~16:30  (受付開始 13:30)
会場
NECイノベーションワールド(品川)  セミナールーム
東京都港区港南2-16-1(品川イーストワンタワー7F)
主催
NEC
参加費
無料
定員
80名(事前申し込み制)
対象
・人工知能の業務適用に興味関心を持っている企業様
・導入の検討をしている企業様
お申し込み
締め切り
満席となりました。ありがとうございました。

セミナー内容

時間 内容
14:00~14:05 ご挨拶
14:05~15:00 NECが実現するディープラーニングの世界
~「RAPID機械学習」とその実用事例~

メディアでも数多く取上げられる話題の技術、ディープラーニング。
その技術を活用したNECのAIエンジン「RAPID機械学習」の概要と、その活用事例をご紹介します。
さらに、AI 活用のために情報システム部門が、今、始めるべきことについてもご紹介します。

【講師】NEC クラウドプラットフォーム事業部
15:00~16:00 AI/ビッグデータ時代に求められるビッグデータ活用基盤
~ビジネス価値創出の要となる、データ統合とデータアクセス~

AIやIoT、ビッグデータを活用し、新たなビジネス価値を創出する成功例が確実に増えてきています。一方で、その活用に必須となる「データ」そのものの価値・重要性が今まで以上に増していることも事実です。
新たなビジネス価値の創出に、既存のビジネスデータと新たに発生するデータをどう統合し、活用やアクションにつなげられるか。
本セッションでは事例とともに、これからの時代に求められるビッグデータ活用のための最新ベストプラクティスをご紹介します。

【講師】日本オラクル株式会社
16:00~16:30 質疑応答

※セッション内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

NEC
「人工知能(AI)活用の実際」セミナー事務局
event-qa@oracle.jp.nec.com

イベント・セミナー一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る