ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. イベント・セミナー
  3. サイバー戦争における企業の情報漏えい対策~いかに企業のDBを守るか~
ここから本文です。

サイバー戦争における企業の情報漏えい対策

~いかに企業のDBを守るか~

※本セミナーは終了しました。多数のお申込み・ご参加ありがとうございました。

 世界で凄まじく進行しているサイバー戦争。サイバー空間の中で繰り広げられるサイバー攻撃は、組織犯罪化/グローバル化し、激化する一方です。その犯行のターゲットは、企業や組織が守るべき機密情報などの情報資産です。サイバーセキュリティに対する製品や対策が増える中でも、機密情報を格納しているデータベースまでたどりつかれるセキュリティ事件が増加しています。データベースまでたどりつかれてしまうと、被害の影響が及ぶ範囲は非常に大きなものとなります。従来の物理的環境やインフラを中心としたセキュリティ対策に加え、データ管理に焦点をあてたさまざまな対策を行うことが重要です。

 本セミナーでは、サイバーセキュリティの最新動向、データベースを中心とするセキュリティ対策、そしてデータベースや周辺システムに関するセキュリティ診断を行い、リスクを最小化する「DBセキュリティリスク診断 for Oracle」サービスについてご紹介します。
 お客さまからのご相談をお受けする相談会の場も設けますので、ぜひご利用ください。

開催概要

日時
2016年9月8日(木)  14:00~17:00  (受付開始 13:30)
※相談会にご参加されない場合は、16:30終了予定です。
会場
NECイノベーションワールド(品川)  セミナールーム
東京都港区港南2-16-1(品川イーストワンタワー7F)
主催
NEC
参加費
無料(事前申込み制)
定員
50名
対象
サイバー攻撃に不安を感じているお客さま/DBのセキュリティ対策を検討されているお客さま
※同業のお客さまはお断りさせていただく場合がございます。ご了承ください。
お申し込み
締め切り
※本セミナーは終了しました。多数のお申込み・ご参加ありがとうございました。

プログラム

時間 内容
14:00-14:05 連絡事項
14:05-14:55 サイバーセキュリティの最新動向とNECの取り組み

 さまざまな手法で仕掛けてくるサイバー攻撃は、今や攻撃そのものを完全に防ぎきる
 ことは難しいのが現状です。ひとたび攻撃を受けても、攻撃による被害に遭うリスク
 をいかに下げられるかが重要です。
 本セッションでは、こうした状況を踏まえて取るべき対策と、対策を講じる上での課題
 を掘り下げて解説します。NECでの具体的な取り組みについてもご紹介します。

                       講師:日本電気株式会社
                          サイバーセキュリティ戦略本部
14:55-15:45 機密情報保護におけるデータ・セキュリティ、考え方とその仕組み

 昨今サイバー攻撃への対策は、多層防御という観点が重要であり、その中でも機密情報が
 格納されている情報資産そのものに関するセキュリティ対策を適切に実施することが重要
 です。
 本セッションでは、様々な脅威パターンから、もっとも重要な情報を効果的に防ぐ方法と
 それを実現するテクノロジーをご紹介します。

                       講師:日本オラクル株式会社
15:45-15:55 休憩
15:55-16:25 お客様のDBは大丈夫?「DBセキュリティリスク診断 for Oracle」サービスのご紹介

 DBのセキュリティ設定情報を採取するスクリプトの結果とヒアリングにより、現状の
 セキュリティリスクを見える化し、効果的な対策案をご提案します。
 本セッションでは、具体的なお客様への分析結果を例としてサービスのポイントをご紹介
 します。
 ※本セミナーにご参加頂いた方を対象に無料リスク診断を優先して提供させて頂きます。

                       講師:日本電気株式会社
                          クラウドプラットフォーム事業部
16:25-16:30 質疑応答
16:30-17:00 相談会  ※相談をご希望される場合には、ご参加ください。

          ※セッション内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

NEC
ビジネスクリエイション本部 セキュリティセミナー事務局
seminar@mid.jp.nec.com

イベント・セミナー一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る