Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. イベント・セミナー
  3. 病院経営セミナーin九州

病院経営セミナーin九州

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
  さて、NECでは「病院経営セミナーin九州」を、2月26日(木)に開催いたします。
  第一部では、鹿児島大学病院 医療情報部 部長 宇都由美子氏に、「入院支援室の新設と共通病床活用による病床マネジメントの変革」を表題にご講演いただきます。
また、第二部では、社会医療法人高橋病院 理事長 高橋肇氏に 「シームレスな医療・介護統合の実現に向けて」 ~モバイルデバイスを活用した地域包括ケアシステムの構築~ を表題にご講演いただきます。
 地域包括ケアシステムをはじめとする昨今の医療制度改革を見据えた、病院経営にとって大変有益な内容となっております。
 何卒ご来臨賜りますよう、心よりお待ち申し上げております。

開催概要

日時
2015年2月26日(木)  13:00~17:30  (受付開始 12:30)
会場

福岡SRPセンタービル(福岡市早良区百道浜2丁目1番22号)
2F SRPホール

会場アクセス

主催

NEC九州支社

参加費

無料

定員

200名

お申し込み締め切り

2015年2月20日(金)

お申し込みはこちら>

スケジュール
時間 タイトル
12:30 開場
13:30-13:40 NECご挨拶
第一部
13:40-14:50
「入院支援室の新設と共通病床活用による病床マネジメントの変革」
    鹿児島大学病院 医療情報部 部長 宇都 由美子 氏


 2014年度診療報酬改定において、DPCの点数表の包括期間や点数配分から見えることは、更なる入院期間の短縮である。さらに、鹿児島大学病院においては、当院固有の問題として病院再開発に伴って、増収を継続的に図る必要性に迫られていた。これまでの在院日数短縮や病床回転率の向上など、すべて現場の努力に負うところが大きく、更なる経営努力を診療現場の努力のみで達成するには限界にきており、前方支援の充実を病院全体で取り組む必要に迫られた。そこで、病院運営の効率化と活性化を目指し、地域医療連携センターを中心として、入院支援に係る業務を一元化し、病棟における看護業務の負荷分散や新規入院患者数の増加に向けて取り組んだ。また、手術予定患者に対し、入院支援室において十分な説明と観察を行うことによって手術中止を防止し、手術件数の増加と増収を図ることを目標に掲げた。2013年12月より一部試行運用を開始し、2014年5月連休明けから本格的に取り組み始めた。その結果、目標としていた経営改善についても、平均在院日数、稼働率、回転率、手術中止件数、稼働額のいずれについても目標を上回る成果を出すことができたので、これらに関連した組織、運用の変革、HISデータの二次利用などについて、報告する。
14:50-15:10 休憩
第二部
15:10-16:30
「シームレスな医療・介護統合の実現に向けて」
  ~モバイルデバイスを活用した地域包括ケアシステムの構築~
   社会医療法人高橋病院 理事長   高橋 肇 氏
 

    (役職)  全日本病院協会常務理事 「医療の質向上委員会」「あり方委員会」「広報委員会」委員。 
          日本病院会 「中小病院委員会」「社会保険診療報酬委員会」委員。北海道支部理事。
          北海道病院協会常務理事。
          全国老人保健施設協会常務理事。
          北海道老人保健施設協議会副会長。
          電子カルテCSI社ユーザ会会長。
          道南地域医療連携協議会理事。
          道南脳卒中地域連携協議会副代表。

 役割分担、機能分化の時代とは、言い換えれば地域全体で安心と安全を提供することであり、そのためには地域がチームとして機能しなければならない。
 地域の質(Quality of Community:QOC)を上げていくには、医療と介護間に横たわる視点の違いを理解し、求める情報の相違を解消し、かつ医療と介護の統合を可能とするITネットワーク構築が重要となる。
 地域包括ケアシステムが成り立つためには、患者・家族参加も見据えた医療・介護・生活支援統合システムの活用が重要となるが、今回モバイルデバイスを活用した実例について紹介したい。
16:30-17:00 質疑応答
17:30 閉場

お問い合わせ

NEC九州支社
公共第二営業部 セミナー事務局
tamago@egg.jp.nec.com
TEL:092(261)2812

イベント・セミナー一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

スマートフォン向け表示