ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. ESMPRO/UPSManager
  4. セキュリティ情報
  5. Windows XP環境での注意(PowerChute plus)
ここから本文です。

Windows XP環境での注意(PowerChute plus)

該当SP

  • Microsoft(R) Windows XP Service Pack 2
    (以下、XP SP2)

上記SPの大幅なセキュリティ強化によりWindows ファイアウォール機能が追加されています。
このWindows ファイアウォール機能を有効にした場合、下記の対象製品について注意が必要です。 Windows ファイアウォール機能を有効にしてこれらの製品をご使用になる場合は、後述の回避策を実施してください。

対象製品

PowerChute plus v5.2.3J

発生する問題点

発生する問題点1
XP SP2 マシンにインストールされているPowerChute plus をネットワーク上の異なるマシンでリモート監視できない。
回避策

(1)XP SP2 上にインストールされたPowerChute plus インストールフォルダ下の 'ups.exe’をWindows ファイアウォールの例外リストに追加してください。

【ファイアウォールの例外リストにプログラムを追加する方法】
1)[コントロール パネル] → [Windows ファイアウォール] を起動します。
2)Windows ファイアウォール画面で、[例外] タブを選択します。
3)[プログラムの追加] ボタンをクリックします。

4)[プログラムの追加] 画面の下にある [参照] ボタンをクリックし、PowerChute plus インストールフォルダ下の 'ups.exe’を選択し [OK] ボタンをクリックします。
追加したプログラムは、[プログラムおよびサービス] の [例外] タブにオンの状態で表示されます。

5)'ups.exe’ がリスト内に追加されていることを確認し、[OK] ボタンをクリックします。

(2)Windows ファイアウォールの例外リスト内にある [ファイルとプリンタの共有] を有効にしてください。

【「ファイルとプリンタの共有」を有効にする方法】

1)[コントロール パネル] → [Windows ファイアウォール] を起動します。

2)Windows ファイアウォール画面で、[例外] タブを選択します。

3)[プログラムおよびサービス] のリスト内にある [ファイルとプリンタの共有] にチェックを入れます。

4)[OK] ボタンをクリックします。

※XP SP2 マシンにPowerChute plus をインストールした場合、Windows ファイア ウォールの例外リスト内にある [ファイルとプリンタの共有] が自動的に有効になります。

※以下の場合は、例外リストに追加する必要はありません。

(1)PowerChute plus をインストールしているマシンと同一のXP SP2 マシンで管理する場合

(2)ネットワーク上の異なるマシンにインストールされているPowerChute plus をXP SP2 マシンでリモート管理する場合

発生する問題点2
XP SP2 マシンにてPowerChute plus によるポップアップメッセージが受信できない。
回避策
(1)Messenger サービス(デフォルトでは無効)を有効にし、起動してください。
(2)リモートマシン上のPowerChute plus からのポップアップメッセージをXP SP2 マシンで受信するためには、Messenger サービス(デフォルトでは無効)を有効にした上で、Windows ファイアウォールの例外リスト内にある「ファイルとプリンタの共有」を有効にしてください。
※ローカルマシンからポップアップメッセージを受信する場合は不要です。

【「ファイルとプリンタの共有」を有効にする方法】

1)[コントロール パネル] → [Windows ファイアウォール] を起動します。

2)Windows ファイアウォール画面で、[例外] タブを選択します。

3)[プログラムおよびサービス] のリスト内にある [ファイルとプリンタの共有] にチェックを入れます。

4)[OK] ボタンをクリックします。
Windows XP SP2による機能改善 【システムの電源OFF】
XP SP1/SP1a適用済み環境では、スケジュールシャットダウン時、または電源障害発生時のOSシャットダウン後にシステムの電源がOFFになっていました。
そのためサーバのBIOS設定によっては、スケジュール起動時・電源異常回復時にUPSが出力を開始してもシステムが自動起動しない場合がありました。
(BIOSの設定によって、[AC-Link]の設定を[Power On]に設定変更ができない機種)

しかし、XP SP2を適用することで本現象を回避することが可能になりました。
現象を回避するためには、グループポリシーを変更し、[Windows システムのシャットダウンのときに電源を切らない] 設定を有効にする必要があります。

【設定方法】

1)[スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択し、「gpedit.msc」と入力します。

2)[ローカル コンピュータ ポリシー] → [コンピュータの構成] → [管理用テンプレート] → [システム] を順に展開します。

3)[Windows システムのシャットダウンのときに電源を切らない] をダブルクリックします。

4)[設定] タブ内の、[有効] を選択し、[OK] ボタンをクリックします。

ページの先頭へ戻る