ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. ESMPRO/UPSManager
  4. セキュリティ情報
  5. Windows 8、Windows 8.1、Windows 10環境での注意
ここから本文です。

Windows 8、Windows 8.1、Windows 10環境での注意

該当OS

  • Microsoft(R) Windows(R) 8
    (以下、Windows 8)
  • Microsoft(R) Windows(R) 8.1
    (以下、Windows 8.1)
  • Microsoft(R) Windows(R) 10
    (以下、Windows 10)

上記OSでは、セキュリティ強化などの機能追加が行われています。
このため、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10にて下記製品を使用する場合、問題が発生することがあります。

対象製品

ESMPRO/UPSManager Ver2.7 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.7 CoreKit
ESMPRO/UPSManager Ver2.7 マルチサーバエージェント 基本ライセンス
ESMPRO/UPSManager Ver2.7 マルチサーバエージェント 1追加ライセンス
ESMPRO/UPSManager Ver2.6 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.6 CoreKit

  • 製品によりサポートOSが異なる場合があります。
    各製品の対応状況につきましては、以下を参照してください。

これらの製品のご使用にあたっては、下記の設定変更をお願いいたします。

ここで説明している ESMPRO/UPSManager の注意事項とは別に、連携して使用しているUPS制御ソフトウェア製品(PowerChute Business Edition)についての注意事項もご参照ください。

発生する問題点

発生する問題点1
JIS2004の文字コードで新規に追加された文字をインストール時のインストールパスや、ESMPRO/UPSManagerのGUI操作においてパス情報に指定した場合、その後の操作が正しく実行されません。
回避策
本バージョンのESMPRO/UPSManagerは、JIS2004で新規追加された文字に対応しておりません。
そのため、インストール時のインストールパスや、ESMPRO/UPSManagerのGUI操作において、JIS2004の新規追加文字が含まれるパス情報は指定、入力しないでください。
発生する問題点2
ESMPRO/UPSManagerのマネージャマシンあるいは、リモートの監視対象サーバにてWindows ファイアウォール機能を有効化している場合、Windows ファイアウォール機能によりESMPRO/UPSManager GUIから、監視対象のサーバの状態が正しく監視できません。
回避策
ESMPRO/UPSManagerのマネージャマシンあるいは、リモートの監視対象サーバにてWindows ファイアウォールを有効にして運用している場合は以下の通信が正しくできるように、ファイアウォールの設定を変更してください。

マネージャ      サーバマシン
(1)不定/TCP <--> 8887/TCP
(2)ICMP    <-->  ICMP

ESMPRO/UPSManagerマルチサーバエージェントによるマルチサーバ構成の場合、上記に加えて以下の通信ポートも使用します。

管理サーバ     エージェント
(3)8887/UDP <―― 不定/UDP
(4)不定/UDP ――> 8887/UDP

マネージャ     管理サーバ
(5)不定/UDP ――> 8887/UDP
(6)不定/UDP <―― 不定/UDP

※(2)の設定については以下の設定手順例を参考にしてください。


  1. [コントロール パネル]->[Windowsファイアウォール]を選択。
  2. [詳細設定]を選択。「セキュリティが強化された Windowsファイアウォール」が表示されます。
  3. 受信の規則」を選択。
  4. メニュー[操作]->[新しい規則...]を選択して「新規の受信の規則ウィザード」を起動。
  5. 「新規の受信の規則ウィザード」にて以下の操作を行ってください。

    5-1.「カスタム」を選択して「次へ」を選択。
    5-2.「すべてのプログラム」を選択して「次へ」を選択。
    5-3.プロトコルの種類:ICMPv4 を選択して「次へ」を選択。
    5-4.運用環境を考慮して「任意のIPアドレス」または適切なIPアドレス情報を入力して「次へ」を選択。
    5-5.「接続を許可する」を選択して、「次へ」を選択。
    5-6.運用環境にあわせてドメイン、プライベート、パブリックを選択し「次へ」を選択。
    5-7.適当な名前を入力して「完了」を選択。

※Windowsファイアウォール機能が有効な環境において利用する場合、Windowsファイアウォールの設定画面の[例外]タブの「プログラムの追加」から、 "ESMPRO_UPSManager"のプログラム(UPSM.exe)を登録してください。


ページの先頭へ戻る