ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. ESMPRO/UPSManager
  4. セキュリティ情報
  5. Windows Server 2003,Windows Server 2003 R2環境での注意
ここから本文です。

Windows Server 2003,Windows Server 2003 R2環境での注意

該当OS/SP

  • Microsoft(R) Windows Server 2003 Service Pack 1/2
    (以下、Windows 2003 SP1/2)
  • Microsoft(R) Windows Server 2003 x64 Editions /Service Pack 2
    (以下、Windows 2003 x64 Editions /SP2)
  • Microsoft(R) Windows Server 2003 R2 /Service Pack 2
    (以下、Windows 2003 R2 /SP2)
  • Microsoft(R) Windows Server 2003 R2 x64 Editions /Service Pack 2
    (以下、Windows 2003 R2 x64 Editions /SP2)

上記OS/SPの大幅なセキュリティ強化によりWindows ファイアウォール機能が追加されています。このWindows ファイアウォール機能を有効にした場合、下記の対象製品について注意が必要です。 Windows ファイアウォール機能を有効にしてこれらの製品をご使用になる場合は、後述の回避策を実施してください。

対象製品

ESMPRO/UPSManager Ver2.7 CoreKit
ESMPRO/UPSManager Ver2.6 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.6 CoreKit

ESMPRO/UPSManager Ver2.5 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.5 CoreKit
ESMPRO/UPSManager Ver2.4 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.4 CoreKit
ESMPRO/UPSManager Ver2.3 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.3 CoreKit
ESMPRO/UPSManager Ver2.2 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.2 CoreKit
ESMPRO/UPSManager Ver2.1 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.1 CoreKit
ESMPRO/UPSManager Ver2.0 (PowerChute Business Editionセット)
ESMPRO/UPSManager Ver2.0 CoreKit

  • 製品によりサポートOSが異なる場合があります。
    各製品の対応状況につきましては、以下を参照してください。

ここで説明している ESMPRO/UPSManager の注意事項とは別に、連携して使用している各UPS制御ソフトウェア製品(PowerChute Business Edition)についての注意事項もご参照ください。

発生する問題点

発生する問題点1
監視対象サーバがWindows 2003 SP1/2、Windows 2003 x64 Editions /SP2 あるいは Windows 2003 R2 /SP2 マシンである環境において以下の全ての条件を満たしている場合、Windows ファイアウォール機能により、リモートの ESMPRO/Manager GUIから、監視対象であるWindows 2003 SP1/2、Windows 2003 x64 Editions /SP2 あるいは Windows 2003 R2 /SP2 マシンの状態が正しく監視できません。

[監視対象サーバ]

-Windows 2003 SP1/SP2、Windows 2003 x64 Editions/SP2 あるいは Windows 2003 R2/SP2 マシンにESMPRO/UPSManagerを「サーバインストール」している

-ESMPRO/UPSManagerが使用する通信ポートを、ファイアウォール機能の「例外」に登録していない


[マネージャマシン]

リモートマシンからWindows 2003 SP1/SP2、Windows 2003 x64 Editions/SP2 あるいはWindows 2003 R2/SP2サーバを、ESMPRO/UPSManager GUIで監視している

回避策
以下の設定を監視対象サーバ(Windows 2003 SP1/2、Windows 2003 x64 Editions /SP2 あるいは Windows 2003 R2 /SP2 マシン)に行っていただくことで、リモートのマネージャマシンからWindows 2003 SP1/2、Windows 2003 x64 Editions SP2 あるいは Windows 2003 R2 /SP2 マシンの状態監視が可能になります。

(1)エクスプローラを開きます。


(2)エクスプローラで「ツール」→「フォルダオプション」を開き、表示タブ内の詳細設定にある「簡易ファイルの共有を使用する」のチェックをはずします。


(3)「¥Program Files¥ESMUPSM¥」の「共有とセキュリティ」を開き、アクセス許可を開きます。


(4)アクセス許可を確認し、適切なユーザ(Administrators等)に対してフルコントロールを許可します。


(5)ネットワークのプロパティを開きます。


(6)ローカルエリア接続の詳細設定タブを選択します。


(7)Windowsファイアウォールの設定画面で例外タブを選択します。


(8)「ファイルとプリンタの共有」のチェックボックスがオンになっていることを確認してください。


(9)ポートの追加で以下の設定を登録します。


ポート番号 : 8887

TCP/UDP : TCP

発生する問題点2
ESMPRO/UPSManager GUIの「詳細設定」で起動するブラウザ(WebUI)から対象のPowerChute Business Editionエージェントにログインができません。
回避策
Windows 2003 SP1/2、Windows 2003 x64 Editions /SP2 あるいは Windows 2003 R2 /SP2 環境からPowerChute Business EditionエージェントがインストールされているサーバにWebUIからログインする場合、ESMPRO/UPSManager GUIを使用する環境に予めJava Runntime Environment(JRE)がインストールされている必要があります。

本問題に関する回避策については、以下も参照してください。

※PowerChute Business Edition Basic v9.0.1では、本現象は発生しません。

  • (*1)注意
    Windows 2003 SP1/2、Windows 2003 x64 Editions /SP2 あるいは Windows 2003 R2 /SP2 をご利用される場合には、予め ESMPRO/UMの共有設定を行っておく必要があります。

    (1)エクスプローラを開きます。

    (2)エクスプローラで[ツール]→[フォルダオプション]を開き、表示タブ内の詳細設定にある[簡易ファイルの共有を使用する]のチェックをはずします。

    (3)[Program Files¥ESMUPSM]の[共有とセキュリティ]を開き、アクセス許可を開きます。

    (4)アクセス許可を確認し、適切なユーザ(Administrators等)に対してフルコントロールを許可します。

ページの先頭へ戻る