ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. ESMPRO/UPSManager
  4. 特長/機能
  5. 機能一覧
  6. 機能詳細
ここから本文です。

機能詳細

ネットワーク経由で統合監視

ネットワーク上にあるサーバとそれに接続されているSmart-UPSを統合監視します。

  • ネットワーク上にあるサーバとそれに接続されているUPSの状態をツリービューに表示し、UPSの状態変化やサービスの動作状態が一目でわかります。
  • ツリービューで指定されたUPS、動作状態や主要な運用設定項目を一覧表示します。
  • 「設定を見る」「ログ採取」など各ボタンの機能についても、遠隔地のUPSにリモートで実行することができます。

ネットワーク経由で統合監視

マルチサーバ構成

LCDパネル付きSmart-UPS装置を利用して、1台のUPS装置に複数のサーバ装置の電源を接続したマルチサーバ構成の運用を提供します。

マルチサーバ構成

ESMPRO連携機能

ESMPRO/ServerManagerおよびESMPRO/ServerAgentと連携し、ESMPRO/AlertManagerにアラート情報を通報したり、ESMPRO/ServerManagerのオペレーションウィンドウから、ESMPRO/UPSManager GUIを起動したりできます。

この機能により障害の即時検知・復旧に素早く対応することができます。

ESMPRO連携機能

アラート通報機能

UPSにて発生する各種イベントを監視し、重要なイベントに関しては、ESMPRO連携機能により、通報センタへアラート通報されます(ESMPRO/ServerAgentが必要)。

簡単操作

  • ESMPRO/UPSManagerから起動できる、PowerChute Business Editionの管理画面により、UPSの稼動状況のモニタリングや、各種詳細動作条件の設定が可能です。
  • UPS制御ソフトウェアが収集するUPS運用情報(各種電圧、温度、負荷率など)を、統計情報としてグラフ表示し、サーバの電源環境の状態遷移を視覚的に確認できます(表計算ソフトなどを使用した、人手による統計作業を軽減します)。
  • UPSのバッテリ交換時期のめやすを表示します。
  • UPS障害等の際、メイン画面上のボタンを押すだけで、障害解析に必要な情報を採取できます。また、ESMPRO統合運用管理マネージャ端末からリモートでの情報採取も可能です。

ページの先頭へ戻る