ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. ESMPRO/AutomaticRunningController
  4. ダウンロード
ここから本文です。

ダウンロード

セットアップカード

最新バージョンのセットアップカードです。

Windows版

製品名称 説明
サイズ
ESMPRO/AutomaticRunningController Ver5.3 制御端末の基本製品  3,822KB
ESMPRO/AC Enterprise Ver5.3 制御端末のオプションパッケージ製品:ネットワーク接続されたSmart-UPSを使用した電源制御  4,342KB
ESMPRO/ACBlade 管理オプション Ver5.3 制御端末のオプションパッケージ製品:ネットワーク接続されたSmart-UPSを使用したブレードサーバの電源制御  990KB
ESMPRO/AC Advance Ver5.3 制御端末のオプションパッケージ製品:UPSを使用せずにスケジュール運転  1,385KB
ESMPRO/AC MSCSオプション Ver5.3 制御端末のオプションパッケージ製品:WSFC環境における電源制御  2,581KB
ESMPRO/AC Enterprise マルチサーバオプション 1ライセンス/4ライセンス Ver5.3 連動端末製品:ESMPRO/AC Enterpriseがインストールされた制御端末からの電源制御  603KB
ESMPRO/ACBlade マルチサーバオプション 1ライセンス/6ライセンス Ver5.3 連動端末製品:ESMPRO/ACBlade 管理オプションがインストールされた制御端末からの電源制御  653KB
ESMPRO/AC Advance マルチサーバオプション 1ライセンス/4ライセンス Ver5.3 連動端末製品:ESMPRO/AC Advanceがインストールされた制御端末からのスケジュール運転  606KB
ESMPRO/AC Lite Ver5.3 制御端末一台とUPS一台のみの電源制御  3,435KB

Linux版

製品名称 説明 サイズ
ESMPRO/AutomaticRunningController for Linux Ver4.0 制御端末の基本製品  5,078KB
ESMPRO/ACBlade 管理オプション(Linux版) Ver4.0 制御端末のオプションパッケージ製品:ネットワーク接続されたSmart-UPSを使用したブレードサーバの電源制御  1,143KB
ESMPRO/AC Advance(Linux版) Ver4.0 制御端末のオプションパッケージ製品:UPSを使用せずにスケジュール運転  1,820KB
ESMPRO/AC Enterprise マルチサーバオプション(Linux版)1ライセンス/4ライセンス Ver4.0 連動端末製品:ESMPRO/AC Enterpriseがインストールされた制御端末からの電源制御  1,102KB
ESMPRO/ACBlade マルチサーバオプション(Linux版)1ライセンス/6ライセンス Ver4.0 連動端末製品:ESMPRO/ACBlade 管理オプションがインストールされた制御端末からの電源制御  801KB
ESMPRO/AC Advance マルチサーバオプション(Linux版)1ライセンス/4ライセンス Ver4.0 連動端末製品:ESMPRO/AC Advanceがインストールされた制御端末からのスケジュール運転  1,106KB

VMware ESXi版

製品名称 説明 サイズ
ESMPRO/AC Lite for VMware Ver1.0 vMAにインストールして、制御端末一台とUPS一台のみの構成  3,298KB

Windows版(WebSAM SigmaSystemCenterと連携[旧バージョン])

製品名称 説明 サイズ
SigmaSystemCenter/電源管理基本パック Ver.2.1
SigmaSystemCenter/電源管理基本パック 1/10/50サーバ追加ライセンス Ver.2.1
*1
SigmaSystemCenterと連携する旧バージョンの製品
(SigmaSystemCenter/電源管理基本パックは、ESMPRO/AutomaticRunningControllerに統合されました)
 6,243KB
  • *1SSCARC-021-00cアップデート適用の場合(SSC2.1~3.5対応)

各種資料

クラスタ

スクリプト

  • (*)サンプルスクリプトに関する注意事項:
    • 本サンプルスクリプトは、vSphere HA構成におけるシステム停止処理に必要となる最小限の処理を組み込んでいます。
      ただし、全てのお客様環境での動作を保障するものではありませんので、導入時にはあらかじめ動作検証していただき、必要に応じてカスタマイズをしてご使用ください。
    • 上記サンプルスクリプト内で使用しているコマンドは、vSphere Power CLIです。
      NECでは本サンプルスクリプトに関するお問い合わせは受け付けていませんので、使用する各コマンドの動作などについては、vSphere製品の各種ドキュメントを参照いただき、ご確認ください。

ページの先頭へ戻る