"グローバル・マーケティング"を考える「新興国市場で勝ち抜くための市場/顧客データ共有・分析活用」

次へ

「機能③」分析に向けた事前処理「データの抽出から格納まで」をシンプルに

バラバラなデータ形式のため、抽出や加工、変換などの前工程だけでひと苦労

社内にあるデータをうまく活用し、業務に活かせるように分析を進めたいと考える方は少なくありません。この分析作業をどれだけ簡単にかつ高速に行うことができるようになるのかが、ポータル運用の成否を分ける重要なポイントとなります。

一般的にデータ分析を行う場合、複数ある情報ソースの中からデータを抽出し、様々な切り口で分析できるように事前処理を行う必要があります。しかし、データ形式がバラバラなためにデータの抜き出しだけで多くの時間がかかり、それを分析できるような形にデータ加工や変換を行うだけでもひと苦労。データ分析に係る工数だけでも膨大に必要となってしまいます。

マーケティングポータルを活用してデータを集約すれば、情報分析のためのデータ抽出からその変換、実際の分析処理まで、ストレスなく情報分析を行うことが可能となります。各システムからデータを抽出し、変換、ロード、格納までの処理をシンプルに行うことで、データ分析のための下地作りをきちんとサポート。分析しやすい形に変換されていることで分析作業の負荷を大幅に軽減、その結果をExcelやWeb形式のレポートなど、任意の形式でユーザに提供することが可能となります。

本来時間をかけたい分析作業に注力するためにも、データ抽出から格納までの事前処理を簡便にできるマーケティングポータルは有効です。

使い慣れたツールで簡単に分析とレポート

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ

強い商品を生み出すために必要なこと次へ