"グローバル・マーケティング"を考える「新興国市場で勝ち抜くための市場/顧客データ共有・分析活用」

「総括」競合と戦うスタートラインに立つ切り札“グローバル・マーケティングポータル”

「現地のニーズが提供できたことで、売上拡大の可能性を強く感じています。」

ベトナム支社で洗濯機を中心に販売活動を行っている和田氏ですが、現地のニーズを的確にとらえて商品を短期間のうちに市場投入しなければなりません。製品の短期間での的確な市場投入が実現しないと、現地のニーズと乖離した製品を扱うことになってしまい、本社から課せられた売上目標を達成することが困難な状況になります。しかし、メールや電話などの人海戦術でしか断片的な情報を送ることしかできず、結果として中国や韓国、台湾メーカーなどの競合企業相手に後れを取るなど、厳しい状況が続いていました。そんな状況の中、市場/顧客データの共有手法となる「グローバル・マーケティングポータル」を本社が導入し、和田氏が現地のニーズを素早く伝えることで、競合に負けない商品作りに役立つ情報をA社全体で共有することが可能になったのです。

「伝えるべき情報がフォーマット化されたおかげで、どんな情報が必要なのかが現地のスタッフが見ても一目で分かり、商品開発に活かせる現地のニーズを本社に滞りなく伝えることで業務の効率化を実現できました。競争力のある商品の開発に繋がる現地のニーズが提供でき、魅力ある商品投入に繋げることができるようになり、ベトナムにおいて売上拡大への可能性を強く感じています。例えば、ベトナムでは洗濯機置き場がなく浴室に設置するのが一般的で、感電の危険性が少ない素材を使っていることが洗濯機選びのポイントの1つ。そんなベトナム独自の視点が商品開発の現場に伝えることができるようになったことは、売上達成に向けた大きな第一歩になるはずです。」

競合と戦うためのスタートラインに立つ強力な切り札になってくれるグローバル・マーケティングポータルに、和田氏は今後のさらなる展開を期待しています。

※本コンテンツは提案事例をもとに作成しているフィクションです。

最適化した製品の投入で、洗濯機市場の売り上げを拡大

  • サイトTOPへ戻る
  • 詳しい説明やお問合わせはこちら
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ