ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Check Point Endpoint Security
  4. 最新情報一覧
  5. Check Point Endpoint Security E80.64リリースのお知らせ
ここから本文です。

Check Point Endpoint Security E80.64リリースのお知らせ

2017年3月
日本電気株式会社 スマートネットワーク事業部
NECソリューションイノベータ株式会社
パブリックセーフティソリューション事業部

平素は弊社セキュリティ製品をご愛顧いただきありがとうございます。
Check Point Endpoint Security E80.64 のリリースに関しまして、以下にご案内いたします。
本通知文では、Full Disk EncryptionをFDE、Media EncryptionをMEと表記します。

1. Check Point Endpoint Security E80.64 概要と新機能のご紹介

E80.xはクライアントサーバ型の運用となります。そのため、アップグレードに際し管理サーバの設置が必須です。E80.xについて、詳しくは http://jpn.nec.com/eps/ をご確認ください。

E80.64の主な変更点/新機能

  • [共通]Windows 10 Anniversary Update(バージョン1607)に対応しました。
  • [共通] Windows用クライアントのGUIが変更となりました。
  • [FDE ] macOS 10.12.x(Sierra)に対応しました。

2. E80.64のリリース対象

  • FDE
  • ME
  • 管理コンソール

  • E80.64管理サーバ(R77.30サーバ)は、E80.62と同一です。
    E80.62をR77.30サーバで使用中のお客様は、サーバのアップグレードは不要です。
    ただし、管理コンソールはアップグレードが必要です。

3. アップグレードの手続きについて

  • R7x系 FDE/MEをご利用中のお客様
    「E80製品紹介資料」の資料請求をお願いします。
    資料のご請求は、3月23日に送信したメールに記載のアドレスへご返信ください。
  • E80系 FDE/ME をご利用中のお客様
    3月23日に送信したメールに記載の依頼フォームに必要事項をご記入の上、お申込みください。納期については、いただいたメールに対して4月3日から順次ご連絡いたします。

4. 本件に関連するご質問について

Q1: オフライン版のE80系FDEのリリースは?
A1: 3月23日に送信したオフライン版FDEの通知文をご確認ください。

Q2: 本バージョンはサーバ無しでも使えますか?
A2: いいえ、サーバは必須です。

Q3: サーバを他のサーバと同居させることを検討しているのですが。
A3: 他のサーバと同居させることは推奨しません。今までのお問い合わせでは、特にIISが有効な環境での不具合が報告されています。別途、物理マシンか仮想マシンとしてEPSサーバをご用意いただくことを強く推奨します。

【問合せ窓口】
本件に関するお問い合わせにつきましては、貴社担当の弊社営業、または下記までご連絡をお願いいたします。

Check Point Endpoint Security E80 ご紹介サイト
http://jpn.nec.com/eps/

 以上

ページの先頭へ戻る