ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Check Point Endpoint Security
  4. 特長/機能
  5. バージョン別機能強化ポイント
  6. Check Point Endpoint Security E80.50リリースのお知らせ
ここから本文です。

Check Point Endpoint Security E80.50リリースのお知らせ

2014年 5月
日本電気株式会社 システムソフトウェア事業部
NECソリューションイノベータ株式会社
パブリックセーフティソリューション事業部

平素は弊社セキュリティ製品をご愛顧いただきありがとうございます。

2014年5月19日に、Check Point Endpoint Security E80.50をリリース しましたのでご案内します。 本通知文では、Full Disk EncryptionをFDE、Media EncryptionをMEと表記します。

1. Check Point Endpoint Security E80.50 概要と新機能のご紹介

E80.xはクライアントサーバ型の運用となります。そのため、アップグレードに際し 管理サーバの設置が必須です。
E80.xについて、詳しくは http://jpn.nec.com/eps/をご確認ください。

【E80.50の主な変更点/新機能】

  • [共通]Windows 8 に対応しました。 (Windows 8.1 は今後のバージョンで対応予定です。)
  • [共通]複数のAD ドメインを使用することが可能となりました。
  • [共通]Windows XPに非対応となりました。
  • [FDE]起動前認証でのタッチスクリーンサポートを追加しました。
  • [FDE] 管理サーバがWebRH(Webブラウザを使用したFDEのリモートヘルプ)に 対応しました。

2. E80.50のリリース対象

  • E80.50管理サーバ
  • FDE
  • Anti-malware/Program Control
  • Remote Access

  • MEは多くの制限事項が存在するため、今回のリリース対象外です。

【問合せ窓口】
本件に関するお問い合わせにつきましては、貴社担当営業までご連絡をお願いいたします。
その際、アップグレードをご要望の場合でMEを利用していないお客様は、下記情報も併せてお願いいたします。サポートサービス契約中(アップデートライセンスがサポート有効期間内)のお客様のみ、アップグレードの手続きをしていただくことが可能です。

【MEを利用していないお客様】

現在の利用バージョン: R7x系 / E80系

お名前    :

貴社名・部署名:

TEL    :

【MEを利用しているお客さま(MEとFDEの組み合わせも含む)】

本バージョンをご利用出来ませんのでご了承ください。

以上

ページの先頭へ戻る