ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Check Point Endpoint Security
  4. 最新情報一覧
  5. E80.51 FDE用管理コンソールの修正モジュール適用について
ここから本文です。

E80.51 FDE用管理コンソールの修正モジュール適用について

2015年4月
日本電気株式会社 スマートネットワーク事業部
NECソリューションイノベータ株式会社
パブリックセーフティソリューション事業部

平素は、Check Point Endpoint Security (以下、EPS) に、格別なご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
現在、ご利用いただいておりますEPS に下記の事象が発生しております。
EPSをご利用のお客様におかれましては、下記の対処方法を実施していただきますようお願いいたします。

1. 事象

Full Disk Encryption(以下、FDE)をインストールした一部のパーティション構成の端末において、FDEリカバリメディアを適用した時、FDEのシステムファイルが正しく削除されない場合がありました。
当事象が発生した場合は「SA not found」というメッセージが表示されてPCが起動できなくなります。

2. 影響範囲

対象バージョン:E80.51
対象製品:FDE

※上記、対象製品とバージョンの組合せをご利用中のお客様のみ対象です。

3. 対処方法

下記「4. 修正モジュールの請求方法」に記載の方法で修正モジュールを入手してください。
その後、現在インストールされている管理コンソールをアンインストールし、修正モジュールの管理コンソールを新規インストールしてください。
その上で、リカバリメディアを作成し、適用してください。

4. 修正モジュールの請求方法

本件に関するお問い合わせにつきましては、貴社担当営業までご連絡をお願いいたします。

【メールタイトル】「E80.51 FDE用管理コンソールの修正モジュール送付希望」
---依頼フォーム-----------------------------------------------------------
・貴社名:
・媒体送付先:
・エンドユーザ名(再販の場合のみ):
--------------------------------------------------------------------------

5. 本件に関するご質問について

大変恐れ入りますが、下記のご質問については本通知をもって回答とさせていただきます。
ご了承をお願いいたします。

Q1FDEクライアント端末側で何か実施する必要はありますか?
A1通常の使用をする場合には、何も実施する必要はありません。
ただし、リカバリメディアを使用してハードディスクの復号を実施する場合には、今回の修正モジュールの管理コンソールで作成したリカバリメディアを使用してリカバリを実施してください。
Q2以前に作成したリカバリメディアを適用してよいですか?
A2作成済みのリカバリメディアを適用しないでください。
今回の修正モジュールの管理コンソールでリカバリメディアを作成し、適用してください。
Q3すでにリカバリメディアを適用し、「SA not found」の事象が発生しています。
対処方法は?
A3弊社サポートまでお問い合わせください。
Q4リカバリメディアの作成方法は?
A4運用補足マニュアルの、「FDE リカバリメディアの作成方法・適用方法」の章を参照してください。
Q5E80.50 FDE (または、Media Encryption (以下、ME) ) を利用しています。
対象になりますか?
A5いいえ、E80.51 かつ FDEをご利用のお客様のみ対象です。
Q6E80.3x FDE (または、ME) を利用しています。
対象になりますか?
A6いいえ、E80.51 かつ FDEをご利用のお客様のみ対象です。

【問合せ窓口】
本件に関するお問い合わせにつきましては、貴社担当営業までご連絡をお願いいたします。

 以上

ページの先頭へ戻る