ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 環境・エネルギー
  4. データセンターまるごとエコ
ここから本文です。

データセンターまるごとエコ

データセンターのエネルギー消費の1/2を占めているファシリティにも注目。

図版:電力消費量の1/2近くを占めるファシリティ関連設備

クラウドサービスの普及に伴うサーバ台数の増加などにより、データセンターではCO2排出量の増大が大きな課題となっています。また電気代値上げも企業の大きな負担となっています。データセンターのCO2排出量、電気代削減はICT製品の省電力化とファシリティの省電力化の両方に取り組んでいくことが不可欠です。

『コンサルティング』『ファシリティ』『ICT製品』。3つの視点から、最適なエコ化を。

図版:『コンサルティングサービス』『ファシリティソリューション』『ICT製品』の3つのアプローチ

効率的なエコ化を実現するためには、現状のエネルギー使用状況と課題の把握、そして課題に対する的確な対策が重要です。NECでは、「コンサルティングサービス」「ファシリティソリューション」「ICT製品」の3つのアプローチからデータセンターのエコ化をトータルに支援。“データセンターまるごとエコ”がデータセンターに関する課題・悩みを解決します。

サーバや設備のエネルギー消費、温度や気流分布などデータセンターの現状をさまざまな角度から「見える化」し、改善提案を行います。さらにデータセンターの建屋新設や改善に向けたアセスメントも提供します。

電力消費や温湿度の常時監視をはじめ、データセンターの冷却効率を高める気流改善、高効率空調ソリューション、外気空調など、さまざまなファシリティを提供します。

最先端の省電力技術を採用したサーバやストレージ、ネットワーク製品、自律的な省電力運用を行なうソフトウェア製品など、先進のICT製品をお届けします。

データセンターのエコ化を図る3つのアプローチをもとに、ICTラック、電源システム、空調システムをコンパクトにパッケージ化。最適なエアフロー設計による省電力タイプのモジュラー型データセンターを提供します。

NECの考えるグリーンIT実現スタイル

データセンターにおけるエコ化は一過性の対策ではなく、継続的な改善や対応が重要です。 NECでは、「見える化」から設計・構築、移行までさまざまなフェーズをカバーするサービスやソリューションを提供。定期的な評価や見直しを行ないながら、データセンター環境の変化に合わせた柔軟で、効果的なエコ化が継続できます。

図版:電力消費量の1/2近くを占めるファシリティ関連設備

省エネデータセンターが体感できる「REAL IT COOLプラザ」

写真:REAL IT COOLプラザ

「REAL IT COOLプラザ」は、NEC本社ビル1Fの約25m2のスペースに設置された省電力データセンター環境です。エネルギー効率の向上に向けた、先進のハードウェア、ソフトウェア、ファシリティサービスを一堂に集めています。
REAL IT COOLプラザについてはこちら

ページの先頭へ戻る