ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 環境・エネルギー
  4. データセンターまるごとエコ
  5. コンサルティング
ここから本文です。

NEC Total Data Center Solution

データセンターコンサルティング

図版:データセンターコンサルティング

NECはデータセンターの黎明期から今日まで長きに渡ってデータセンターの構築・運用サービスを行ってきたデータセンター事業者であるとともに、最新のサーバ・ストレージを提供するICT機器ベンダーです。これら二つの視点と最新のデータセンタービジネストレンドの知見が、お客様のデータセンタービジネスのプランニングをあらゆる側面で強力にサポートいたします。

データセンタービジネスモデルコンサルティング

新規にデータセンターの立ち上げをお考えの事業者様向けに、 NECのデータセンター運営ノウハウと最新のICT技術を活用して、事業構想段階からビジネスプランの構築をご支援。
コンセプト設計、ビジネスプランの企画、要件定義、建物設計・構築から、ローンチ(立ち上げ)後の運用計画、監視・保守体制までトータルでコンサルティング。お客様と一緒に、長期的なビジョンで“選ばれる”データセンタービジネスの実現をめざします。

オンプレミス構築を検討している企業様には、現在の運用状況や事業戦略、将来予測等から最適なデータセンター構築のプランニングをご支援します。
予算や費用回収計画も勘案し、新規構築のほかに既存CRE(企業不動産)の活用やクラウド利用など、本来の事業を圧迫しない柔軟なプランもご提案。複数プランのシミュレーションも可能ですので方針が確定していないお客様もぜひご相談ください。

データセンター建設コンサルティング

環境に配慮し、先進的なコンセプトを具現化する新しいデータセンター施設。
理想をそのまま実現しようとすると、残念ながら建設コストは大幅に増加しがちです。理想を尊重しつつ、初期投資を抑え事業化後の安定的な収益を確保するためには設計・構築工事のみならず、運用や施設のLCM(ライフサイクルマネジメント)まで含めた総合的なプランニングが必要です。 ライフサイクルコストの5割以上を占めるといわれる光熱費の抑制、災害に強い設計、後の機能拡張やリノベーションも考慮し、エコでサスティナブルなデータセンターの建設プランをご提案します。

新規建設だけではなく、たとえば既存の工場をデータセンターに変えるといった用途変更(コンバージョン)やモジュラー型、コンテナ型など、投資予算や事業計画に合わせた柔軟なプランもご提案しています。

既存データセンター最適化コンサルティング

構築当初は最新の技術や性能で作られたデータセンターも経年により、相対的に消費電力が大きく空調効率が悪く感じられたり、最新ICT機器の設置に対応できなかったりして他社優位性が低下していきます。またビジネス潮流の変化によりサーバ面積や処理能力が不足することもあります。
しかし、安易に既存のデータセンターを廃して新しく建設するのは、コストの面でも環境の面でもあまり良い選択とは言えません。
もともとデータセンターの躯体は50年以上の使用に耐えうる構造物です。建物の耐震化やスラブの耐荷重強化などにより建物を高性能かつ長寿命化することができ、設備機器の更新、空調方式の変更、自然エネルギーの活用などの施策を行うことによって、環境配慮型の効率の良い運用へ転換することが可能です。
NECは、既存データセンターを事業内容やトレンドに合わせて最適化することで、低コストで魅力的なデータセンターによみがえらせるリカバリープラン作りのお手伝いをいたします。

アセスメント評価サービス

データセンター事業のビジネスモデルに最適なロケーションの選定・調査の支援や、現在運用中のデータセンターの耐震性や省エネ性能の評価、環境への影響など、データセンターコンサルティングの元となる各種アセスメントサービスを行っています。

建設アセスメント

立地調査

データセンターの立地には、地震や津波、洪水の被害の少ない頑丈な地盤が求められます。地質、断層の位置、過去の災害履歴や、電力インフラ・燃料などの調達容易性、交通の利便性など、多角的な面から評価を行います。候補地の比較検討(シミュレーション)、用地調達に関するお手続き等もご支援します

写真:建設アセスメント 立地調査建設アセスメント:立地調査・分析例

既存施設の現地調査

既存の図面や設計条件などの事前調査、現状のウォークスルー調査・ヒアリングなどを通して、お客様施設の堅牢性(災害に対する耐性)や省エネ性能の評価を行います。今後の事業継続のために、ライフサイクルコストを考慮した実効性の高い改善施策をご提案します。

IT環境アセスメント

サーバや設備のエネルギー消費、温度や気流分布などデータセンターの現状を様々な角度から「見える化」し、改善提案を行います。目的やデータセンターの規模に応じてStart,Basic,Advanceの3種類から最適なアセスメントを選択することができます。

Start

 図版:簡易PUE値の算出

IT機器、設備の消費電力を簡易測定し、エネルギー効率(簡易PUE)を算出。また、温度測定を行い空調環境をチェックします。

Basic

図版:消費電力推移の計測

データセンター内の電力消費量や温度状況を短期間で測定・診断し、改善提案を行います。センサや計測器など測定に必要な機器一式はリーズナブルな価格でレンタルしていただくことが可能です。

Advance

サーバルームの運用環境、ICT機器の設置環境を調査し、問題点を洗い出します。その問題点に対し、最適な改善策やエコ化を提案します。
調査例:温度・湿度、電源品質、塵埃 等

写真:温度可視化と熱シュミレーション

ページの先頭へ戻る