Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

事例2:NEC府中事業場

PC10,000台の消費電力を削減して、年間約500万円のエネルギーコストも削減。即効性があり、投資回収も早いICTを活用した省エネ対策とは・・・。

ICT活用の背景

東京都環境確保条例への対応には、新たな省エネ対策が必須。

NEC ものづくり生産革新部
工務統括センター
府中工務マネージャー
川崎 洋一

コンピュータ・通信機器の生産や研究開発の拠点でもあるNECの府中事業場は、老朽化した設備の交換タイミングなどに合わせて、これまでさまざまな省エネ対策に取り組んできました。照明設備では、インバーター対応の高効率機器や新開発した蛍光灯、空調や冷水設備では、高効率冷凍機などを導入。また生産系では、ラインの長さの短縮や本数削減を図るなど、地道な努力を続けてきました。
さらに2008年度からは事業場におけるベース(夜間・休日)電力の削減運動をスタート。24時間運用の設備を中心に、その運用法の見直しや運転時間の短縮などを実施。2009年度の実績では、年間換算で467tのCO2排出量、エネルギーコストでは約1,800万円の削減を図っています。
一方で、2010年には、エネルギー消費量が多い事業所を対象に、過去の水準と比較して6~8%のCO2削減を義務づけた東京都環境確保条例が施行されました。規制対象となっている府中事業場では2010年度における省エネの追加施策として、サーバやマシン室の空調電力削減、設備運用における電力消費のムダ解消などさまざまな取り組みを進めていますが、条例の目標達成は難しく、クリアするためには新たな省エネの対策が必須となっていました。

PC消費電力削減ツールの導入理由

ポイントは、”即効性”と”投資回収の早さ”。

「府中事業場では、できる限りの省エネ施策を行なってきました。私たち府中工務として実行できるインフラ施策も、あとわずか。CO2排出量削減もそろそろ限界に近づいています。そうした中で東京都環境確保条例をクリアするための対策は、ICT活用による省エネという新たな道でした。」と語るのは、NEC ものづくり生産革新部 工務統括センター 府中工務マネージャー 川崎 洋一です。
府中事業場が注目したのは、『エネパル®PCパック』という、画期的なソフトウェアでした。 『エネパル®PCパック』はPC1台1台の消費電力・CO2排出量を「見える化」して、PC活用における電力のムダを表示。さらに、利用者一人ひとりのPCの使い方を学習して、自動制御によりムダな電力やCO2排出量を自動的に削減します。また、個人や課・部、全社などの単位で、削減実績が集計され、きめ細やかなエネルギー管理が実現できます。
「スピーディな導入で、10,000台のPCを一斉に省エネする即効性と、2年以内には電気代削減量が導入コストを上回る投資回収の早さが導入決定の重要なポイントとなりました。」(川崎)

『エネパル®PC パック』導入・運用のポイント

●利用者がダウンロードするだけで簡単にインストール。
●部分的や段階的な導入ではなく、10,000台のPCによる省エネ化を同時に実現。
●新たなハードウェアの追加もなく、低コストでスピーディな導入が可能。
●集計機能などが用意されているため管理工数も少なく、容易な運用管理が可能。

写真:利用者画面、管理者画面

「エネパル®PC パック」の活用状況

PC10,000台の消費電力を「見える化」して、自動的に電力制御。

NECの府中事業場では、2010年6月から、事業場内約10,000台のPCで「エネパル®PC パック」の一斉活用がスタートします。

写真:エネパル® PC利用

府中事業場では、『エネパル®PCパック』により、CO2排出量の削減実績を、約30の事業部門および約20の構内関係会社単位に把握、その結果をさらに事業場全体でまとめるという管理体制で、さらなる省エネ化を推進していきます。その目標は年間160tあまりのCO2排出量の削減、そして約500万円のエネルギーコスト削減です。それは、懸命な努力で行なった2009年のベース電力削減運動の成果の3割近くの数値に匹敵します。

写真:エネパル® PC利用

府中事業場における『エネパル®PCパック』の活用成果は、CO2排出量やエネルギーコスト削減といった数値的なメリットだけではありません。それは、“楽しく省エネ”という、いままでの省エネ対策にはない、新たなメリットの発見でした。
「これまでの省エネ対策はどちらかというと押しつけたり、ガマンを強いるものがほとんどでした。『エネパルRPCパック』は事業場の目標値に対する前日の省エネ成果によって、【その調子!】とか【もう少しです!】などのメッセージが各自のPCに表示されるため、みんな楽しんだり、期待しながら省エネと向き合っています」と川崎マネージャーは語ります。『エネパル®PCパック』は、利用者が“意識しなくても”自動的に省エネを図り、また、利用者が楽しみながら省エネの“意識を高める”という相反する2つの魅力を持った画期的な省エネツールなのです。

無料!申し込み受付中


事例1:NEC玉川ソリューションセンター