Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist

ソリューションの概要

REACH規則やRoHS指令等の化学物質規制に対応するためのグローバルサプライチェーンでの高度な情報伝達と情報管理を実現します。

 

【NEW】 ProChemist/BMが「紛争鉱物規制」に対応する「紛争鉱物オプション」を販売開始しました。

 

  1. NECの順法対応をささえるソリューション
  2. JAMP※が提唱する情報伝達の標準規格(情報流通基盤、情報伝達シート)やJAMA/JAPIA、JGPSSI等の主要な業界標準に対応
  3. クラウドサービスや導入型のパッケージを組合せ、それぞれの事業形態や含有化学物質管理業務にあわせ最適なシステムを構築

※JAMP:アーティクルマネジメント推進協議会 含有化学物質情報を共有するための情報流通基盤を構築し、効率的な情報提供・収集を支援

特徴

REACH規則に対応するための高度な情報管理と情報伝達を三つのソフトウェアプロダクツを組み合わせお客様の事業形態や規模に合わせて柔軟に対応します。

図:NECのREACH対応ソリューション組み合わせ例

化学品メーカのレスポンシブルケアや改正化審法の対応等には


ProChemistはNECをはじめ多くの企業の順法対応をささえています。
導入各社は、JAMP情報流通基盤(ProChemist/ASやJAMP-IT)を利用し、高度な情報流通の仕組みを実現しています。

ProChemist/BM

生産管理システムやPLMと連携し、「環境BOM」を構築。高度な化学物質管理を実現します。
※2012年より月額利用サービスでの提供開始

  • 化学物質管理業務に必要な機能を「All-in-One」で提供
    ⇒『短期間・低コストでのシステム構築を実現』
  • 各種業界フォーマット(JAMA/JAPIA統一データシート、JAMP、JGPSSI等)に標準対応
    ⇒『効率的な情報伝達を実現』
  • JAMP情報基盤とシームレスな連携、高度な情報管理を実現
    ⇒『含有化学物質管理の自動化を実現』

 

【NEW】「紛争鉱物オプション」

ProChemist/BMは、CMRTでの調査に対応しました。

煩雑な紛争鉱物規制対応業務をシステム化することにより、作業工数を大幅に軽減します。

■ 顧客からの調査対象製品一括取り込み機能や、紛争鉱物調査専用の調査ステータスで、調査対象の購入部材を効率的に抽出します。

■ サプライヤーからの調査回答データの不備や回答内容の不整合を自動チェックし、煩雑だった確認作業を効率化します。

■ 顧客へのCMRTでの回答データを作成します。その際、精錬所リストや製品リストの名寄せを自動で行います。

 

 

ProChemist/CS

複数事業部門や複数カンパニーまたは、複数の生産管理システムを持つ企業での全社統合化学物質管理システムを実現します。

  • メーカー品番変換機能、データ交換機能で情報の共有化を実現
    ⇒『全社統合化学物質管理システムを実現』
  • JAMP情報基盤とシームレスな連携、高度な情報管理を実現
    ⇒『含有化学物質管理の自動化を実現』

ProChemist/AS

JAMP情報流通基盤への接続サービスと、含有化学物質管理のSaaSアプリケーションサービスを提供します。

  • インターネット経由でAIS、MSDSplusの入手・提供、Web上で製品に含まれる化学物質の積み上げ集計が可能
  • JAMP情報基盤とシームレスな連携、高度な情報管理を実現
    ⇒『多くの企業が参画する化学物質情報伝達網』
  • 既存生産管理システム、PLM等との連携を容易に実現、情報収集業務を自動化
    ⇒『標準インターフェースにより他システムとの連携を実現』
  • グローバル対応の基本サービス、充実した付帯サービスでさらに業務を効率化
    ⇒『お客様の運用業務負荷を軽減』

導入効果

NECのREACH対応ソリューションを導入することにより

  • REACH規則をはじめとする製品の化学物質規制へ対応するための高度な情報管理・情報伝達を実現します。環境面での事業リスクをヘッジ!
  • サプライチェーンでの情報伝達を円滑に行うことにより、客先への信頼向上、製品への環境配慮で事業付加価値を向上させます。
  • 充実した機能により、煩雑な化学物質管理業務を効率化します。工数削減による原価低減を実現!

導入事例

お知らせ