This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. VISUALINK TC-3100
  5. 最新ファームウェア
  6. 最新ファームウェア 改版履歴: VISUALINK TC-3100
Main content starts here.

VISUALINK TC-3100

最新ファームウェア改版履歴

→ 最新ファームウェア
VISUALINK TC-3100 のファームウェア改版履歴です。


改版履歴 更新日
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.05.06Jリリース 2013.05.14
  • LANコンソールとブラウザアクセスが併用できる機能を追加
    ※従来のバージョンでは、ログイン権限は後優先で動作しており、LANコンソールでログイン中にブラウザでログインした場合、権限がブラウザアクセス側に切り替わっていた。(逆の場合も同様)本バージョンより、LANコンソールとブラウザアクセスを同時に使用できるよう機能を追加
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.05.04Jリリース 2012.11.06
  • Polycom社製HDXシリーズのテレビ会議端末と接続した場合に動作不安定となる問題を修正
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.05.02Jリリース 2012.06.04
  • F/W updateの際にブラウザ画面に表示されるTC-3100のwebページのURLを現行のものに変更
  • 通信中にネットワーク帯域不足でパケットが通らない状態が継続(8秒)した場合、ネットワーク復旧後も画像フリーズしたままとなることがある問題を修正
  • 内蔵MCUで画面合成時、参加地点を切断->再参加させた場合、ある地点画像が黒画面又はフリーズすることがある問題を修正
VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.05.01Jリリース 2011.08.02
  • 以下の動作を実行した場合にTC-3100の動作が不安定となる問題を修正
    • 接続⇒プレゼンテーション実行⇒切断を繰り返した場合
    • 多地点でプレゼンテーション中に送信元が切り替わった場合
    • 多地点でプレゼンテーション中に速度の低い端末が接続した場合
  • AMUのマイクOFFが勝手に解除されることがある問題を修正
  • SIP接続を繰り返すとメモリリークする問題を修正
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.04.05Jリリース 2011.01.10
  • プレゼンテーション動作時のカメラ画像とプレゼンテーション画像のレート比率を変更。プレゼンテーショ ン画像のレートを増加(対象モデル:TC-3100DN/TC-3100DC)
  • IP専用線時の音声モード設定に対応(IP専用線オプション時)
  • 通信開始後に接続したパソコンの映像が相手先に表示されない場合がある問題を修正(対象モデル:TC-3100DN/TC-3100DC)
  • 内蔵MCU機能による多地点接続時プレゼンテーション画像がMCU動作地点で表示されない場合がある問題を修正(対象モデル:TC-3100DN/TC-3100DC)
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.04.01J リリース 2009.10.09
  1. 機能追加
    • 画質改善
    • バージョンアップ方法の変更
  2. マイナーチェンジ
    • H261 4画面合成の設定で、存在しないIPアドレスに発信すると、マルチポイント設定が単一画面になってしまう問題を修正
    • H.261/263合成画面-6地点以上の接続をすると稀に再起動してしまうことがある問題を修正
    • マルチポイント接続において、接続地点数の増減を繰返していると一部の地点で黒画面になってしまうことがある問題を修正
    • クラスBのプライベートアドレスを登録するとグローバルIPアドレスと表示されてしまう問題を修正
    • HTTPアクセスで着信モード設定の選択着信が設定できない問題を修正
    • H323 FastStartで着信した際に再起動してしまう問題を修正
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.02.01J リリース 2008.02.22
  1. マイナーチェンジ
    • TANDBERG社製テレビ会議システム(Version-F6.1以降)と接続した場合、正常に通信できない問題を修正しました。
      ※上記以外のバージョンとの接続をすべて確認しているわけではありません。
      他社製のテレビ会議システムと接続する場合には、事前に接続確認をお願いいたします
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.01.01J リリース 2008.01.22
  1. 機能追加
    • 内蔵MCU通信時、参加する端末(子局)からのPCプレゼンテーション送信機能対応
    • データ伝送機能対応送信画像に、地点名を表示させる機能追加
    • 起動時間短縮、および起動のプログレスバーの表示対応
  2. マイナーチェンジ
    • PCプレゼンテーションを実行した状態で放置すると、プレゼンテーション画像の切替が遅くなる問題を修正
    • 漢字地点名にスペースをとうろくすると発呼できない問題を修正
    • 着信時、装置内蔵スピーカからAudio-INの音声が出力される問題を修正
    • DHCP環境にてリース時間経過によりIPアドレスが変更した場合、通信できなくなる問題を修正
    • 3地点目以降にMEDIAPOINT IPが参加するとAudio/Videoともに普通となる問題を修正
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.00.07J リリース 2007.10.24
  1. 機能追加
    • 送信画地点名に対応
      送信画像に地点名を表示させる機能です。
    • IPループバック対応
  2. マイナーチェンジ
    • PCプレゼンテーション機能の改善(DMモデル/DCモデル)
      • PPPoE環境下での動作不具合を改善
      • RGB入力解像度がAUTOのときの動作不具合を改善
    • SVX7000sとの接続性を改善
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.00.06J リリース 2007.09.21
  1. マイナーチェンジ
    • H323通信時の送信ポート番号が設定されない問題に対処
    • DNS解決処理の改善
      DNSを設定した状態で接続すると10秒ほどでパケットを送受信しなくなる問題に対処
    • 内蔵MCU機能(4画面構成)時の接続性を改善
◎VISUALINK TC-3100 F/W Ver02.00.05J リリース 2007.09.14
  1. 機能追加
    • 内蔵MCU機能による合成画面表示の多地点会議において、
      • 参加地点の地点名を表示する機能を追加(※)
      • 4画面合成の設定において、5地点以上接続時、表示されていない地点が発言した場合に発言地点を4画面合成に表示する機能を追加
        (※)子局としてMediaPoint IP2をご使用の場合、MeidaPoint IP2をver03.05.16Jにバージョンアップしていただくことで、全角地点名を登録している状態でMeidaPoint IP2からTC-3100に接続した際、4画面合成にて地点名を表示することが可能になります。
    • HTTPアクセス機能を追加
      操作方法につきましては、HTTPアクセス機能取扱説明書を参照してください。
  2. マイナーチェンジ
    • DNSサーバがない環境でDNSの設定(誤ったDNSの設定を含む)を行うと、リモートコントローラからの操作が遅くなる問題を対処

→ 最新ファームウェアのページへ戻る

購入のご相談、技術的お問い合わせも承ります。

ページの先頭へ戻る