ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. スペクトラムアナライザ SpeCat
  5. 最新ファームウェア
ここから本文です。

スペクトラムアナライザ SpeCat

本製品は販売を終了しました。
修理・保守につきましては、お買い求めになられた販売代理店、もしくは当SpeCatホームページの問い合わせフォームよりお問い合わせください

新製品「SpeCat2」のページはこちらへ

最新ファームウェア

ダウンロードのご案内
最新のファームウェアにバージョンアップする事が出来ます。

今回のバージョンアップより追加された機能

機能追加

詳細はリリースノートをご参照ください

  • WLANモニタ機能拡張
    現状の単一CH表示に加え、1~14CHまで全CHを一括で表示可能になりました。
    ロギング時にトリガレベルを設定することが可能になりました。
  • ゼロスパン機能拡張
    [Frequency Domain]でのトリガレベル設定機能を追加しました。
    ロギング時にトリガレベルを設定することが可能になりました。
  • ロギング機能拡張
    現状のCSV形式による保存に加え、BMP形式およびPNG形式の保存が可能になりました。

ダウンロードについて

※ダウンロードして実行すると、インストール用実行ファイル(exe)とインストール手順書(pdf)が保存されます。
リリース日:2006年3月13日

<< ファームウェアバージョンアップでのお願い>>

(1)ファームウェアのアップデート中はSpeCatをパソコンに接続しておく必要があります。
(SpeCatアプリケーションは起動しないでください)
(2)ファームウェアのアップデート作業中にはSpeCatとパソコンを接続しているUSBケーブルは絶対に取り外さないでください。
アップデート中にUSBケーブルを取り外しますと正常にアップデートを終了できず、SpeCatを弊社工場に戻しての作業が必要となりますのでご注意ください。
(3)ファームウェアアップデートの作業中、パソコンはAC電源で動作させて下さい。
また、パソコンでは他のソフトウェアを終了させて下さい。
(4)ファームウェアをアップデート後、再度、以前のバージョンに戻すことはできません。
バージョンを戻す作業は弊社工場での作業となります。

【ダウンロードプログラムのインストール および ダウンロード 方法】
パソコンに最新ファームウェア/ソフトウェアをダウンロードし、パソコンより本機のバージョンアップを行います。
詳しくは、同梱のバージョンアップ手順書を参照してください。
※対応OSはWindowsXP 日本語版のみです。

本バージョンアップにより追加された機能の操作方法については、補足説明書をご参照ください。

ページの先頭へ戻る