ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. USBインタフェース開発
  5. USB3.0/2.0デバイスIPコア
ここから本文です。

USB3.0/2.0デバイスIPコア

低コストFPGAで映像などを高速に伝送できるUSB3.0IPコアを提供します。

特長

USB3.0周辺機器(USB3.0デバイス)設計に使用可能なIPコア

  • アルテラ・ザイリンクス社FPGA搭載システムに手軽にUSB3.0機能を追加可能
    USB3.0/USB2.0両仕様に対応したリンク層・プロトコル層を提供します

高性能・少リソースを両立

  • 転送性能460MByte/秒以上・非圧縮フルHD1080/60p RGB動画伝送可能

    【8エンドポイント構成時のゲート規模】
    アルテラFPGAの場合 29.8KLE
    ザイリンクスFPGAの場合 28.8KLUT

低コストFPGAを使った設計が可能

  • Cyclone®および、SpartanAritixクラスのFPGAで動作可能

ブロック図

USB3.0/2.0デバイスIPコアのブロック図です

仕様

USB3.0/2.0 IPコア仕様

  • USB3.0仕様 Rev.1.0(SS 5Gbps対応)・USB仕様Rev.2.0(HS480Mbps対応)に準拠
  • PHY Interface For the USB3.0 Architectures Version3.0(PIPE 3.0)に準拠
  • エンドポイント数は1~16まで、コンフィグレーションによりカスタマイズ可能
    • バルクイン/アウト転送(最大16バースト)・インタラプトイン/アウト転送
項目 仕様
EP0 コントロール転送
EP1~15 バルク・インタラプト転送
(コンフィグレーション時にカスタマイズ可能)
  • パワーマネージメント
    • Link Power Management U0~U3ステート
    • U2 Inactivity Timeoutサポート
  • ループバックモード
    • Link Training and Status State Machine (LTSSM) LoopbackModeサポート

システムインタフェース仕様

  • アルテラ版:Avalon®Memory-Mapped(Avalon-MM)に準拠・データバス幅64Bit(マスタ)/32Bit(スレーブ)
    ザイリンクス版:AXI/APB準拠・データバス幅64Bit(マスタ)/32Bit(スレーブ)
  • Endpoint毎に高性能DMA機能を搭載

性能ベンチマーク

映像、ストレージ、ネットワークのリード、ライト速度の性能ベンチマーク表です

●上記掲載のベンチマーク結果は、下記の当社測定環境で得られた内容であり、全ての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。
【ホストPC】CPU :インテル®Core i7-3770/3.4GHz、Memory:8GB、OS :Windows®8 64Bit 版、xHCI ホスト:Intel Q77 Express
【USB3.0デバイス】USB3.0 開発キットX、USB3.0 ベンダクラスファームウェア

IPコアリリースまでの流れ

ライセンス契約締結しご発注いただき、パラメータシートをご提出いただいた後、IPコアデータ作成およびリリースとなります

ページの先頭へ戻る