ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. UART550R コア
ここから本文です。

UART550R コア

UART550Rは、業界標準UARTである16550と機能互換の非同期シリアルデータ通信用IPコアです。
送信/受信用FIFOサイズは各々16バイトです。シリアルインタフェースにはIrDAエンコーダ/デコーダを搭載しており、設定により赤外線データ通信用(IrDA SIR規格)インタフェースとしても使用できます。

主な特長

  • 既存LSIの16550と機能互換があります。
  • 送受信FIFO容量は16Byte保有しています。
  • ホストバスにNEC製V850メモリ・コントローラを接続できます。
  • ホストバスクロック同期により高速DMA動作に対応します。
  • ホストバス転送を2Byte幅で転送ができます。
  • Auto-RTS、Auto-CTS機能をプログラム可能です。
  • IrDAエンコーダ/デコーダを内蔵しています。

ホストバス・インタフェースの図解です

仕様

項目 内容
サイズ 約13KGate
RTL記述言語 Verilog HDL
最大動作周波数 100MHz
接続バス V850メモリ・コントローラ準拠
最大通信速度 921.6Kbps
FIFO容量 16Byte

ソリューションメニュー

  • IP提供
    Netlist または RTL による提供が可能です。

  • 設計サービス
    お客様のシステム環境に合わせて接続バスをカスタマイズ致します。

適用例

  • 各種端末のシリアル通信機能として(パソコン、PDA、携帯電話、モデム等)]

 

ページの先頭へ戻る