ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. C言語設計サービス
ここから本文です。

C言語設計サービス

C言語設計サービスは、動作合成ツールを用い、当社の技術ノウハウによりお客様のお手持ちのC言語ソースコードのスムーズなハードウェア化をご提供いたします。処理速度の高速化、回路面積の縮小、開発期間の短縮などお客様の課題解決をサポートします。

主な特長

  • アルゴリズムやDSP等、C言語によるソフトウェア処理を短期間でハードウェア化します。
  • 独自のチューニングにより、高速、小面積、低消費電力を追求したRTLをご提供します。
  • ソフトウェアのハードウェア化にとどまらず、仕様検討から、FPGA設計、ドライバ開発、アプリケーション開発、ボード開発・評価を実施します。

 

サービスフロー

図

1.C言語記述変更、機能分割

  • リファレンス記述のままでは冗長記述の発生や、並列化ができないため、独自のチューニングを行い、演算処理の適正化や、メモリ分割・機能並列化による高速化を実現します。

 

2.動作合成

  • 自動パイプライン合成、自動スケジューリング等、各ブロックに最適な動作合成手法を駆使した、短期間でのRTL変換・検証を実施します。
  • 回路面積と処理速度を考慮した合成を実施します。

 

3.ボードインタフェースRTL設計

  • さまざまなインタフェース(USB3.0、PCI Express、DDR 等)設計に対応が可能です。

 

4.ハードウェア/ソフトウェア開発・評価

  • 実環境での性能評価を実施します。
  • C言語のハードウェア化にとどまらず、FPGA設計、ドライバ開発、アプリケーション開発、ボード開発・評価を実施します。

 

開発事例

開発内容

可逆圧縮伸長アルゴリズム(C言語)をRTL化、実証環境(画像処理ボード、アプリケーション、ドライバ)開発

効果

画像圧縮速度:約700Mbps(目標仕様)を実現
ゲート規模:約230Kゲート
FPGA設計期間66%短縮(見積値:6ヶ月、実績値:2ヶ月)

図

ページの先頭へ戻る