ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

M2Mアプリケーションプラットフォーム Smart Wing®

既存のアプリケーションシステムとクラウドサービスをスムーズに連携するアプリケーション開発をサポートするプラットフォームです。既存システムのプラットフォームや資産を活用したクラウド連携・スマート化を実現します。

概要

M2Mアプリケーションプラットフォームは、ワイヤレスコミュニケーションや端末・センサ・通信モジュールなどの各種装置と、それらを制御するM2Mサービスプラットフォーム、そしてアプリケーションサービスを、統合し、さまざまなシステムソリューションの資産を最大限活用しながら、スマート化・クラウド化を実現します。

M2Mアプリケーションプラットフォーム『Smart Wing(スマートウィング)』の特長

  • 中小規模のネットワークのクラウドサービスや、各サービス間の連携を円滑にするアプリケーション開発の標準プラットフォーム
  • 監視制御・エネルギー管理システムの低コスト構築、センサ・デバイスから各サービスと装置間のネットワーク構築をワンストップでサポート
  • 既存のシステムやM2Mソリューション「CONNEXIVE®」とスムーズに連携
  • アプリケーションソフトウェア開発の期間短縮、開発コスト低減に貢献
  • アプリケーション開発、ネットワーク構築、デバイス連携をワンストップサポート

M2MアプリケーションプラットフォームSmart Wing概略図

関連センサデバイス/サービス

Smart WingとM2Mコンポーネント構成例

近距離無線を使用したM2Mセンサ端末、コントローラとSmart Wing(管理システム)の構成例です。

Smart WingとM2Mコンポーネント構成例

適用例

  • 設備・ビル管理サービス(ビッグデータ管理:電力データ収集、制御など)
  • エネルギー管理サービス(太陽光発電計測、節電制御など)
  • ネットワーク監視サービス(IPネットワーク管理、Wi-Fi監視など)
  • リモート監視サービス(広域に配備された装置、機器などの障害監視や予測・解析、稼動監視、遠隔監視)

ページの先頭へ戻る