ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. 物品管理システムSmartAsset
  5. 運用イメージ
ここから本文です。

運用イメージ

管理作業

  • 管理対象物にバーコード/RFタグを貼付します。

バーコードやRFタグの発行から、固定資産や設備品などの管理対象物に貼付するまでの作業イメージです

棚卸(基本機能)

  • PDAを利用することにより、棚卸業務を効率的に行えます。

SmartAssetシステムから棚卸対象物品のデータを PDA端末にダウンロードし、棚卸実施部門に配布します

PDA端末で物品に貼付されたバーコード/RFタグを読取る と同時に棚卸は完了になります。※物品情報に変更がある場合はPDA端末から変更できます

棚卸結果が反映されたPDA端末からクライアントPC→ SmartAssetシステムへデータをアップロードします。棚卸結果をSmartAssetシステムに反映し、上位システムのデータを更新します

貸出管理(オプション機能)

  • 貸出/返却時にPDA端末でRFタグ(バーコード)を読取ることによって、物品の貸出管理を行います。

“誰に・何を・いつまで貸出すのか”といった 貸出情報を登録・管理します

持出管理(オプション機能)

  • クライアントPCから持出申請し、PDA端末で利用状況をチェックすることによって、物品の持出を管理します。

【申請時】

利用者PCのWEBブラウザ(持出申請画面)を用いて、持ち出す物品の申請を行います。管理者は、利用者からの申請を受け、管理者PCのWebブラウザ(持出承認画面)から承認を行います

【持出時】

利用者PCのWEBブラウザ(持出申請画面)を用いて、持ち出す物品の申請を行います。管理者は、利用者からの申請を受け、管理者PCのWebブラウザ(持出承認画面)から承認を行います

【持帰り時】

現品確認者は、持帰り対象の物品に貼付されたRFタグをPDA端末で読み取ります。 PDA端末の画面に物品の名称や申請・承認の有無、申請者名が表示されるので、現品確認者がこれらを確認し持帰りを許可します

【返却処理(管理者)】

利用者PCのWEBブラウザ(持出申請画面)を用いて、持ち出す物品の申請を行います。 管理者は、利用者からの申請を受け、管理者PCのWEBブラウザ(持出承認画面)から承認を行います

探索機能(基本機能)※UHF帯限定

  • UHF帯のRFタグを利用することにより、探したい物品を効率よく見つけることができます。

発見するとBeep音が鳴ります。物品を探す手間が省けます

ページの先頭へ戻る