This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. MEDIAPOINT IP2
  5. Q&A
Main content starts here.

MEDIAPOINT IP2

Q&A

IP接続

※IP接続に関しては、「IP回線接続解説」も掲載しておりますので、ご参照ください。

IP接続

  • Q1.IP接続でテレビ会議を実施したいのですが、回線は何を使えば良いですか? (BC/HC/NC)
  • A1.【2005/08/22】
    FTTH、ADSL、CATVなどでお使いいただけますが、速度面からNTT東西でサービスされているBフレッツなどのFTTHをお奨めします。ADSL でも接続実績はございますが、NTT局舎から建物までの距離やノイズ等の影響により使える速度が変化しますので、購入前に貸出機等で評価されてから導入さ れることをお勧めします。

    ※弊社では導入をご検討されているお客様のためにIP回線評価ソフトをご用意しています。
  • Q2.FTTHやADSLで利用できますか? (BC/HC/NC)
  • A2.【2005/08/22】
    はい。ご利用いただけます。

    但し、FTTHやADSLはインターネット経由のベストエフォート型回線(通信速度の保証がない・回線品質の保証がない)であるため、音が途切れるなどの問題が発生しましても弊社では責任を負いかねます。導入に際しては、弊社でご用意している回線評価ソフトをご利用いただき、実際に問題がないかお試しになることをお勧めします。

    また、FTTHやADSLは時間帯によっても通信速度が低下する場合があるため、重要な会議でご利用になる場合は、ISDNとFTTH・ADSLの両方をご契約されて、会議の重要度に併せて使い分けされる事をお奨めします。
  • Q3.IP接続の場合、LANにつなげるだけで良いのですか? (BC/HC/NC)
  • A3.【2005/08/22】
    企業内LANをご利用になる場合は、接続上、問題が発生するケースが多く見られます(ファイアーウォールやQoSの問題など)。

    1対1のTV会議の場合、フレッツADSLやBフレッツへ直結された環境において、ユーザIDとパスワードをMEDIAPOINT IP2に設定していただければ接続できます(PPPoE接続)。 また、ブロードバンドルータ(以下、BR)がある場合は、BRがUPnP機能に対応していれば自動的に接続できます。ただし、機種によってはUPnP機能の動作に問題がある場合も考えられますので確認が必要です。

    ※NEC製のBRは接続確認済みです。
  • Q4.社内LANに接続して使いたいのですが可能でしょうか? (BC/HC/NC)
  • A4.【2005/08/22】
    社内LANをご利用になる場合は、接続上、問題が発生するケースが多く見られます(ファイアーウォールやQoSの問題など)。

    社内LANにはセキュリティのため、ファイアーウォールが設置されているケースが多くあります。TV会議を行う拠点間にファイアーウォールが存在している場合は、通信上で制限が設けられているために、通常そのままではTV会議をご利用いただくことができません。また、ファイアーウォール以外にQoSも考慮する必要があります。

    したがいまして、導入にあたっては、一度ネットワーク管理部門へご相談されることをお奨めします。
  • Q5.社内ネットワーク管理を担当していますがIP接続でTV会議システムを導入したいと考えています。どのような点を検討すればよろしいでしょうか? (BC/HC/NC)
  • A5.【2005/08/22】
    TV会議を行う拠点間にファイアーウォールが設置されている場合は、TV会議端末のIPアドレスをフィルタリングする条件から外す設定(いわゆる「穴をあける」設定)を施す必要があります。

    また、TV会議の通信帯域を確保するため、ルータやスイッチに対してQoSや優先制御の設定が必要となります。

    当サポートでは、これらの設定作業に対してサポートすることができませんので、ネットワーク機器を導入されているベンダー様へご相談をお願いします。

    ※NECのSI担当部門をご紹介することも可能です。
  • Q6.ファイアーウォールがTV会議を行う拠点間に存在している場合に、運用上の問題は発生しないでしょうか? (BC/HC/NC)
  • A6.【2005/08/22】
    TV会議の通信が、ファイアーウォール上で拒絶(フィルタリング)されることが懸念されます。通常は、TV会議端末のIPアドレスをフィルタリングする条件から外す設定(いわゆる「穴をあける」設定)を施さない限り通信はできません。

    ただし、ファイアーウォールの設については、ネットワーク管理部門の方へご相談ください。
  • Q7.帯域はどれくらい確保すれば良いのですか? (BC/HC/NC)
  • A7.【2005/08/22】
    目安として2地点間でIP接続1,920kbpsのTV会議を行う場合は、上りと下りで、それぞれ約2,500kbpsの帯域(IPレベルの帯域)が必要となります。内蔵MCU機能を用いて1セッション512kbpsの多地点会議を行う場合は、子側:700kbps/親側:(3地点会議時)1.4Mbps、(4地点会議時)2.1Mbpsの帯域が必要となります。
  • Q8.IP接続でのTV会議提案に際して気をつける点は? (BC/HC/NC)
  • A8.【2005/08/22】
    ADSLやFTTHを用いた接続では以下の点に注意して下さい。

    (1)通信速度や品質が、TV会議で使用できる水準を満たしているか評価するようにして下さい
    (IP回線評価ソフトを弊社で準備しています)

    (2)時間帯によって通信回線の混み具合が変化することが懸念されるため、音切れやビデオ入力エラー(動画像の静止)が許されない重要な会議ではISDNの併用を御提案ください

    (3)企業内LANにおいては、既に実施されているセキュリティ対策やQoSの部分について客先より十分なヒアリングを行い、ネットワークの強化も含めて改善案をご提案下さい。
    ネットワーク部分の検討が難しい場合には、NECのSI部門をご紹介することも可能です。
  • Q9.「NAPT」や「UPnP」という設定項目がありますが、これは何ですか? (BC/HC/NC)
  • A9.【2005/08/22】
    ADSLやFTTHへブロードバンドルータ(ルータ機能を搭載したADSL宅内装置も同様です)を用いて接続している場合は、ルータのNAPT(IPマスカレード)機能により、送信元IPアドレスやポート番号が変換されるため、通常、TV会議での通信を行うことができません。

    そうした問題を解決する1つの方法が「UPnP」です。UPnPはブロードバンドルータを自動的に設定して、NAPT越えの通信を行う機能です。MEDIAPOINT IP2のUPnPを有効にすると、NAPT越えの通信に必要な設定が、ブロードバンドルータとMEDIAPOINT IP2間で自動的に行われます。

    UPnP対応ルータとしては、NEC社製のWarpStarシリーズのご利用をお勧めします(弊社で動作確認済みです)。
  • Q10.IP接続で利用するときは、必ず固定IPアドレスが必要になりますか? (BC/HC/NC)
  • A10.【2005/08/22】
    MEDIAPOINT IP2はPPPoEやDHCPと云ったアドレスの動的割当に対応していますので、条件によっては固定IPアドレスでなくとも通信が可能です。

    但し、固定IPアドレスでない場合は、事前に通信を開始する時点で取得しているIPアドレスを着信側から発信側に連絡する必要があり、非常に不便です。したがいまして、固定IPアドレスを取得されることをお奨めします。
  • Q11.GateKeeperに接続できますか? (BC/HC/NC)
  • A11.【2005/08/22】
    はい。接続可能です。MEDIAPOINT IP2ではGateKeeperに対応しています。
  • Q12.IP伝送時の最大伝送速度は何kbpsですか? (BC/HC/NC)
  • A12.【2005/08/22】
    1,920kbpsです。
  • Q13.無線LANに接続できますか? (BC/HC/NC)
  • A13.【2005/08/22】
    MEDIAPOINT IP2にNEC製のAterm WR7850Sなどを接続していただければ可能です。
    http://121ware.com/aterm/

    なお、PCカードタイプの無線LAN子機には対応していません。
  • Q14.FTTHやADSLでTV会議に使用する場合、MEDIAPOINT IP2とモニタ以外に必要な機材はありますか? (BC/HC/NC)
  • A14.【2005/08/22】
    1対1で会議を行う場合は、特に必要はありません。 ただし、MEDIAPOINT IP2は音声出力としてモニタの スピーカを利用しますので、スピーカのないモニタ(プラズマディスプレイ等)の場合は、別途、外付けのスピーカをご用意いただく必要があります。

    ただし、FTTHやADSLは通信の品質が保証されていない、ベストエフォートと呼ばれるサービスですので、時間帯や回線環境などによってでエラーが発生し、音声が途切れたり、画像が乱れたりすることも考えられます。したがいまして、デモ機などであらかじめご購入前に確認していただくことをお勧めします。
  • Q15.FTTHやADSLで通信する場合は、どのようにして行うのですか? (BC/HC/NC)
  • A15.【2005/08/22】
    リモコンから、接続先のIPアドレスを入力していただきます。相手のIPアドレスは、あらかじめ電話などでご確認いただく必要があります。固定IPアドレスをプロバイダから取得されているのであれば、接続の度にIPアドレスを確認する手間が省けます。
  • Q16.固定IPアドレスをもらっていないときは、どうやってIPアドレスを調べればよいのですか? (BC/HC/NC)
  • A16.【2005/08/22】
    MEDIAPOINT IP2の回線接続画面で、プロバイダから通知されたIPアドレスを確認することができますので、そちらをご覧いただきますようお願いします。
  • Q17.IP-VPN接続で使用する場合、相手先の電話番号に該当する番号は何を指定するのですか? (BC/HC/NC)
  • A17.【2005/08/22】
    相手IPアドレスを直接指定いただくことになります。

    IPアドレスをDHCPで割り付ける場合は、あらかじめ着信側に割り付けられた現在のIP番号(画面に表示されます)を連絡しておく必要があります。なお、ゲートキーパーを設置すれば電話番号を使って相手を呼び出すことができます。
  • Q18.インタ-ネットVPNで接続したいのですが、どういう機器が必要でしょうか? (BC/HC/NC)
  • A18.【2005/08/22
    VPN機能を持ったルータを設置するのが一般的です。

    NECネクサソリューションズでインターネットVPNサービスを提供していますので、こちらもご参照下さい。
    → NECネクサソリューションズ  http://www.nec-nexs.com/

    なお、当サポートではネットワーク構築に関するサポートはお引き受けいたしかねます。あらかじめご了承下さい 。
  • Q19.ポートマッピングをしたいのですが、使用するポート番号を教えて下さい。 (BC/HC/NC)
  • A19.【2006/1/12】
    使用するポート番号は以下になります。
    ※ 内蔵MCUにより多地点会議を行う場合には、接続地点数に応じて、UDPが異なります。

    また、多地点(MCU)会議は、H.323 のみ対応となります。
  Point-to-Point会議 多地点会議 ※
3地点会議 4地点会議
TCP 1720、
51000~51007
51100
1720、
51000~51007
51100
1720、
51000~51007
51100
UDP 61000~61017 61000~61025 61000~61033

※BC:BCモデルに関係する質問、HC:HCモデルに関係する質問、NC:NCモデルに関係する質問

ページの先頭へ戻る