ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. 計測・生産システム開発
  5. 検査データ収集システム
ここから本文です。

検査データ収集システム

検査データをリアルタイムにWebに表示させて生産効率を向上させるシステムをご提案します。

装置からの製品処理データや測定機からの測定データなど、装置の特性や製品特性,装置のメーカーによって収集するデータの形態が異なります。

また取得したデータの抽出や集計,グラフ化など、データを使用する使用者側の要求に対応してさまざまな集計方法を実現するためには、莫大なシステムの構築費用が必要です。

検査データ収集システムでは、単純なフォーマットのファイルで取得した装置からのデータをデータベース化して、使用者にはブラウザからCSVファイルで提供するデータ収集システムです。

検査データ収集システムの特長

リアルタイムに検査データを収集して生産効率をアップ

  • 現場の検査装置からリアルタイムにデータを収集しますので、製品の歩留まり改善をよりスピーディに行え、生産効率をアップすることができます。

サーバー一元管理により、管理工数削減

  • 各検査装置で管理していたデータをサーバーに一元管理することによって、データを収集する手間やデータ保持の信頼性を高め、担当者のデータ管理工数削減に貢献します。

既存の事務所端末をそのまま利用

  • 検査データを参照するクライアントソフトは標準のブラウザソフトを使用するため、専用アプリケーションを開発する必要はなく低コストでの導入実現が可能です。

システム構成イメージ

装置から転送される実績データファイルを、検査データ収集サーバー上のアプリケーションがデータ項目のフォーマットに合わせてデータベース上に書き込みます。
収集された実績データは、事務所のパソコンからブラウザで参照することができます。

検査データ収集システム構成イメージ

主な機能

検査データ収集サーバー

  • 検査実績ファイルの収集とデータベースへのインポート機能
  • WEBサーバー機能。

データ検索画面(ブラウザ)

  • 実績データ抽出機能。
  • 実績データのファイル出力機能。

システム導入のメリット

作業性の向上

  • データの一括管理により、検査装置担当者の作業負荷を軽減します。
  • 標準のブラウザソフトで検査データの集計・解析作業をよりスピーディに行え、歩留まり改善作業の効率がアップします。

品質の向上

  • リアルタイムに装置よりダイレクトに検査データを収集するため、正確な情報を素早く確実に把握できます。
  • サーバー端末へデータを格納するため、データ保持の品質が向上します。

システムの一般仕様

サーバー仕様 製品名 Express5800
OS Microsoft(R) Windows Server(R) 2008(32bit)
or Red Hat(R) Enterprise Linux(R) V5
DataBase Oracle 10g(10.2.0.5)
クライアント接続台数 OSの購入ライセンスによる
クライアント仕様 OS Windows(R)7 Professional(32bit)推奨
ブラウザアプリケーション Microsoft(R) Internet Explorer(R)8

ページの先頭へ戻る