ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. 計測・生産システム開発
  5. アンテナパターン測定システム
ここから本文です。

アンテナパターン測定システム

簡単な操作でアンテナの特性試験を行える測定システムをご提案します。

アンテナパターン測定システムは、アンテナの受信パターンを測定してグラフ化を行うシステムで、グラフィカルプログラミングツール、姿勢角制御装置、測定器、及びPCで構成されています。

アンテナパターン測定システム

主な機能

自動検査

  • PCからスタートボタンをクリックするだけで、回転台や測定器を自動制御して、製品のアンテナ受信パターンを測定します。
  • 測定周波数、角度範囲、角度ステップ、アベレージング設定、回転動作の指定など、パラメータを設定することにより、多彩な条件で測定することができます。

キャリブレーション

  • 標準ゲインホーンのデータシートの周波数-ゲイン特性値と、実測値からキャリブレーションを行います。

データ解析

  • 複数パターンデータの重ね書きにより、過去のデータとの比較検証が容易です。
  • 最大利得値、指向角度、ビーム幅などを自動で計算処理し、表示します。

装置の構成

  • 測定結果を、カラーでグラフ表示します。
  • データ解析を自動で実行し、表示します。
  • 複数データを自由に組み合わせて表示することができます。

アンテナパターン測定システム装置の構成

導入メリット

  • 全ての機器に制御インターフェースを設けているため、完全自動の検査システムを構築できます。自動検査によって作業者の負荷軽減、検査時間の短縮に貢献します。
  • 回転台や測定器は、御要求仕様に適した機器を選択します。既設の機器を使用することも可能です。
  • 正確、効率的な検査によって品質向上を実現します。

ページの先頭へ戻る