ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. IPLocks
  5. 仕様
ここから本文です。

IPLocks

仕様

システム要件

IPLocks Ver 6.7のシステム要件

  • 監視対象データベース
    Oarcle 8i ~ 11gR2
    Microsoft® SQL Server® 2000/Microsoft® SQL Server® 2005/
    Microsoft® SQL Server® 2008/Microsoft® SQL Server® 2008R2
    DB2/UDB v7.2 ~ v9.5
    TeradataV2R6/V13
  • IPLocks本体動作環境

OS
  • Windows® Server 2003(32-bit/64-bit x64)
  • Windows® Server 2003 R2(32-bit/64-bit x64)
  • Windows® Server 2008 (32-bit/64-bit x64)
  • Windows® Server 2008 R2(64-bit x64)
  • Red Hat Enterprise Linux 4 AS/ES 32-bit(x86), 64-bit(x86-64)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 32-bit(x86),64-bit(x86-64)
  • Solaris 9(SPARC)
内部データベース
  • PostgreSQL v8.4.5(製品バンドル)
    以下のデータベースを内部データベースとして利用可能(別途データベースのライセンスを準備する必要があります)
    - Oracle9iR2 ,Oracle 10gR2 ,Oracle 11gR1
    - DB2 v9.1
ブラウザ
  • Microsoft® Internet Explorer 6~8
CPU
  • Intel® Pentium® 4プロセッサ、またはそれ以上。(Windows®  /Linux時のみ)
  • SPARCプロセッサー(Solaris時のみ)
メモリ 1024MB以上
HDD 500MB以上(実際の容量は、監査ログ蓄積量に依存します)

ページの先頭へ戻る