This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. IPLocks
  5. 仕様
Main content starts here.

IPLocks

仕様

システム要件

IPLocks Ver 6.7のシステム要件

  • 監視対象データベース
    Oarcle 8i ~ 11gR2
    Microsoft® SQL Server® 2000/Microsoft® SQL Server® 2005/
    Microsoft® SQL Server® 2008/Microsoft® SQL Server® 2008R2
    DB2/UDB v7.2 ~ v9.5
    TeradataV2R6/V13
  • IPLocks本体動作環境

 

OS
  • Windows® Server 2003(32-bit/64-bit x64)
  • Windows® Server 2003 R2(32-bit/64-bit x64)
  • Windows® Server 2008 (32-bit/64-bit x64)
  • Windows® Server 2008 R2(64-bit x64)
  • Red Hat Enterprise Linux 4 AS/ES 32-bit(x86), 64-bit(x86-64)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 32-bit(x86),64-bit(x86-64)
  • Solaris 9(SPARC)
内部データベース
  • PostgreSQL v8.4.5(製品バンドル)
    以下のデータベースを内部データベースとして利用可能(別途データベースのライセンスを準備する必要があります)
    - Oracle9iR2 ,Oracle 10gR2 ,Oracle 11gR1
    - DB2 v9.1
ブラウザ
  • Microsoft® Internet Explorer 6~8
CPU
  • Intel® Pentium® 4プロセッサ、またはそれ以上。(Windows®  /Linux時のみ)
  • SPARCプロセッサー(Solaris時のみ)
メモリ 1024MB以上
HDD 500MB以上(実際の容量は、監査ログ蓄積量に依存します)

ページの先頭へ戻る