ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. EMC可視化システム
  5. ESD可視化システム
ここから本文です。

ESD可視化システム

ESD*1可視化システムは、静電気の流れを非接触の磁界プローブで自動走査し、電流経路の特定や対策効果の可視化を行います。
本システムは、PCでスキャナとオシロスコープ、静電気試験器を制御します。

従来の静電気対策は熟練技術者の経験に頼っていたが、本装置では機器に静電気を流し、電流の広がりや問題箇所を可視化できます。

ESDスキャナと静電気試験機の外観写真です

特長

装置ユニット、プリント基板、モジュールなどのさまざまな対象物に流れるESD電流の電界強度分布(ノイズ)を計測、演算表示します。駆動軸 X,Y,Zがそれぞれ0.01mmの分解能であるため、磁界プローブの性能を十分に引き出します。対策前後の測定を行うことにより、対策効果の確認や対策ノウハウの蓄積ができます。

システム構成図です

測定対象 装置ユニット、プリント基板、モジュールなど
測定方式 4軸ステージにより磁界プローブを走査
測定範囲 X,Y,Z = 500mm × 500mm × 210mm
θ = ±90deg
動作ステップ X,Y,Z = 0.01mm
θ = 1deg
対応可能プローブ CP-2S、MP-10L、その他各種対応可能*2
外形寸法 860mm(W) × 862mm(D) × 840mm(H)(突起部を含まず)
質量 約 110kg
電源 AC100-240V  50/60Hz
制御用インタフェース モータコントロールボード(USB)、GPIB-USB、光モジュール(USB)
計測器 オシロスコープ、静電気試験器*3

ESD対策前後の効果比較動画

静電気放電対策前後の測定結果を比較・確認することが可能です。
本動画では、コンデンサの追加によりインピーダンスが低くなることで、電流経路が変わり、デバイスへの流れ込みを防止していることが確認できます。

静電気放電対策前

静電気放電対策後

動作環境

OS Microsoft® Windows® 7 Professional(32bit版、64bit版)
CPU インテル® Celeron® プロセッサー、インテル® Pentium® 4 プロセッサー 1GHz以上
メモリ 1GB以上
ディスプレイ 解像度:1024ドット × 768 ドット以上 表示色:256色以上
静電気試験器 株式会社ノイズ研究所製 ESS-S3011
アメテック株式会社製 NSG 438
ハードディスク 約 30MB + データ領域(2GB以上推奨)
スペクトラムアナライザ キーサイト・テクノロジー合同会社製 Xシリーズ*5
ミックスド・シグナル・オシロスコープ キーサイト・テクノロジー合同会社製
InfiniiVision 3000X
高精度スキャナ制御用PC USBスロット(USB1.1以上)(モータコントロールカード、GPIB-USB)*4
CD-ROMドライブ(インストール時必要)、上記OSに対応したプリンタ及びマウス
小型スキャナ制御用PC USBスロット(USB1.1以上)(GPIB-USB)*4
CD-ROMドライブ(インストール時必要)、上記OSに対応したプリンタ及びマウス

*1 ESD : Electrostatic Discharge(静電気放電)

*2 BNCコネクタタイプ

*3 推奨機器 : ミックスド・シグナル・オシロスコープ キーサイト・テクノロジー合同会社製 InfiniiVision 3000X
静電気試験器 株式会社ノイズ研究所製 ESS-S3011
アメテック株式会社製 NSG 438

*4 日本ナショナルインスツルメンツ株式会社製推奨。 その他の機種は要相談。

*5 キーサイト・テクノロジー合同会社製推奨。 その他の機種は要相談。

  • 本システムに、EMI可視化システム用ソフトをインストールし、スペクトラムアナライザ(スペクトラムアナライザインタフェース用ドライバ必須)を接続す ることにより、EMI可視化システムとしてもご使用いただけます。
    (EMI可視化システム用ソフト、スペクトラムアナライザインタフェース用ドライバは有 償です)
  • Microsoft、Windows、およびWindowsのロゴは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。 
  • インテル、Intel Core、CeleronおよびPentiumはアメリカ合衆国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る