ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. エンジニアリングソリューション
  4. EMC可視化システム
  5. 磁界プローブ
ここから本文です。

磁界プローブ

磁界プローブ法は、非接触型なので測定するターゲットへの影響が少なく、実機配線上で使用することができます。
さらに小型 / 高周波磁界プローブの採用で、高空間分解能を実現し、ピンポイントの測定ができます。

製品仕様

磁界プローブ CP-2S MP-10LA
測定周波数 10M-3GHz 150k-1GHz
空間分解能
(測定対象に依存)
約0.25mm 約1.0mm
検出部サイズ 2.0mm×1.0mm 12.0mm×3.0mm
測定感度 0dB +20dB
シールド特性 -20dB -20dB
IEC規格
(IEC61967-6)適合
測定対象 ・LSIパッケージ各ピン
・モジュールレベル
・一般のPCB回路など
・対象 L/S=0.1mm/0.3mm
・LSI電源配線
・VCCIキットモジュール妨害波測定対応、電源配線など
・対象 L/S=1.0mm/2.0mm

CP-2S  MP-10L

*IEC:国際電気標準会議(International Electrotechnical Commission)

ページの先頭へ戻る