ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. NECのスマートエネルギー
ここから本文です。

NECのスマートエネルギー

私たちの暮らしは今や電気なしでは成り立ちません。しかし、電気をつくるためのエネルギー源である化石燃料の枯渇は将来の課題となっており、太陽光発電や風力発電などの地球に優しい再生可能エネルギーの普及は、全世界的に進んでいます。

これらの再生可能エネルギーは、オフィスや工場、家庭などにおける新しいエネルギー源として着実に増えつつあります。その一方で、このエネルギーが、これまで安定していた日本の電力系統網に対して大量に流れ込むと、エネルギー供給が不安定になる可能性があります。

さらに、再生可能エネルギーは、天候や時間で変動するエネルギーでもあるため、常に、系統網とのバランスをとる必要があります。これらの問題を解決しエネルギーの安定供給を維持するために、新しい仕組みが求められています。

図版:エネルギー・マネジメント・システム

ICTとエネルギーコンポーネント技術の双方を保有

NECは、コンピュータやクラウド技術などの「ICT」と、蓄電システムやEV用急速充電器などの「エネルギーコンポーネント技術」の双方を保有しています。
この強みを活かして、さまざまなアセットを組み合わせたスマートエネルギーソリューションをご提供し、エネルギークラウドによる快適なサービスや付加価値を創出していきます。

エネルギーの安定供給を支えるICTと蓄電システム

エネルギーの安定供給を支えるネットワークの構築に重要な役割を担っているのが、規模に合わせた蓄電システムとそれらを制御するICTです。

再生可能エネルギーが大量に導入される社会においては、エネルギーの需要側、供給側双方において、エネルギーを効率よく使うための様々な取り組みが増えてくると予想されます。

例えば、再生可能エネルギーを導入した需要側は、発電量や消費量を見える化することでエネルギーの消費を抑えたり、蓄電システムを用いてエネルギーを一時的に蓄え、目的に応じてそのエネルギーを使用することも考えられます。供給側は、エネルギーの需給バランスをとるために、発電した大量のエネルギーを、蓄電システムを用いて一時的に蓄えたりそのエネルギーを効率的に出力したりすることも想定されます。

さらに、エネルギーの需要側と供給側がICTでつながり協調しあうことで、蓄電システムの連携が成り立ちます。電力消費のピーク時において、コミュニティ内で相互に電力を融通し合うなどコミュニティ全体における電力の効率的な利用が可能になります。

NECの取り組み

NECは電力供給会社に対し、無線や光通信、制御端末などで構成される高性能かつ信頼性の高い電力通信ネットワークを提供してきました。その技術を活用・発展させることで、エネルギーの安定供給を電力通信ネットワークの面から支えていきます。

また、NECはこれまで電気自動車や民生用リチウムイオン電池の開発で培ってきたノウハウを、高電圧大電流である大規模蓄電システムに活用すべく、実証実験を行っています。

系統連系、エネルギーマネジメント機能を兼ね備えた蓄電システムをご提供

再生可能エネルギーや燃料電池などの普及により、需要家にとって電力へのアクセス手段は多様化しています。高性能化が進む家庭用燃料電池は火力発電所と同等以上の発電効率と低CO2排出を実現しており、この結果ガス網も電力網の1つと見なすことが可能となってきました。一方、オール電化製品の普及に見るよ うに最終的なエネルギー消費の段階では、電気が使用されるケースが増加しています。

NECの蓄電システムは、系統連系機能とクラウドを介したエネルギーマネジメント機能を兼ね備えており、系統電力網や太陽電池に加え、燃料電池とも連携していきます。いわば多様なエネルギーアクセス網と分散電源を巻き取る“ハブ”の役割を担うものです。

将来的には、それぞれの需要家が電力自立化し、連携し合うことで、電力に余裕があったり、不足している状況を、エネルギークラウドがリアルタイムに把握・ 分析し、きめ細かな情報をご提供いたします。これにより、少し先の需給見通しを予測して需給調整を行うといったことが可能になり、コミュニティレベルでの電力自立化にも貢献していきます。

さまざまなパートナー様と普遍的な取り組みを推進

NECは、国内外のナショナルプロジェクトにも積極的に参画し、さまざまな分野のパートナー様と共に先進的な取り組みを行っています。業界を超えたパートナーシップによって、お互いの専門性やノウハウを融合させた新事業を生み出すことで、エネルギーの自立分散化の実現に貢献していきます。

新着情報

ページの先頭へ戻る