ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. リアルタイム分析・可視化ソリューション
ここから本文です。

Space-Time Insight(STI社)

リアルタイム分析・可視化ソリューション

写真

近年、規制緩和・業界再編、社会環境等などの変化により、電力・ガス事業者様をはじめとするユーティリティ企業様を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。そのようななかで、抜本的な組織・業務改革や設備の更なる運用効率化、ビックデータの活用等などが求められています。これに対しNECでは、Space-Time Insight社と連携し、ユーティリティ企業様が現在の状況を正確に把握し、将来予測も踏まえた形で効率的な意思決定を実現するSituational Intelligenceソリューションの展開を進めています。

概要

STIについて

Space-Time Insight(STI)社はカリフォルニア州サンマテオを本社拠点とし、2008年1月に設立された企業です。主な事業としては、ユーティリティ企業、運輸、政府・自治体、オイル・ガス企業向けのITソリューションの展開となっています。特に、膨大な数の設備や機器を利用して事業を行うお客様に対して、迅速かつ確実なビジネス判断を下すためのSituational Intelligenceソリューションの提供を事業の柱としています。これまでに北米のユーティリティ企業や運用、鉄道事業者など、30以上の導入実績を有しています。

リアルタイム分析・可視化ソリューションとは

多数の設備を広域に管理し、これらに関するビックデータを保有しているお客様に対し、リアルタイムに状況を可視化・把握可能にする為のソリューションです。

  • 特徴①:企業や自治体様が保有する設備に関する実用的なデータをリアルタイムで提供する
  • 特徴②:設備の故障リスクを継続的に計算する
  • 特徴③:設備管理システムと横断的に統合する
  • 特徴④:直観的で説得力に富んだ形式でデータを可視化し、意思決定プロセスを加速する

画像

機能説明

  1. 既存システム・業務の統合を容易に実現
    本システムでは、お客様が保有するさまざまなデータソースやアプリケーションと容易に連携するためのオープンアダプターフレームワークを備えています。これにより、お客様が個々の組織ごとに個別に管理・運用している業務・制御システムを容易に連携することが可能となり、組織横断的なシステム基盤の実現と、それを活用した業務の連携が可能となります。
  2. さまざまな分析機能を活用した業務の高度化
    本ソリューションではさまざまな分析機能や予測機能を備えており、これらによりお客様の業務の高度化を実現することが可能です。お客様の情報システム、制御システム、及び外部システムなどから取得したデータを相関的に分析し、お客様のリソースの状態を全方位から把握可能です。
  3. 多様な表現機能による気付きの支援
    本ソリューションではGIS(Geographic Information System)と連携した多様な表現機能を有しており、広範で直感的な視覚表示形式で分析結果を表示します(図5)。これにより、システム利用者はリアルタイムに、設備の運用状況、投資計画の進捗、重大な事象・状況、及び法規制などに対する対応状況などを的確に把握することができます。

ターゲット、実用例

本ソリューションは北米のユーティリティ企業、政府・自治体を中心に30以上の導入実績があります。
具体的には、北米有数の電力系統を管理している系統運用機関や、配電事業者、自治体系の電力事業者などに導入されています。
これらの電力事業者の事例では、本ソリューションを導入することで、部門をまたがったシームレスな協働、障害への迅速な対応及び、設備投資の抑制などを実現しています。
これらのお客様への導入に加え、水道事業者や運輸・物流事業者など、幅広い業種のお客様への導入実績も増えています。
水道事業者では、広域に存在する設備の稼働状況や障害の有無の監視などに、運輸・物流事業者では、物流の配送経路の最適化などに活用されています。
以上のように、本ソリューションはユーティリティ企業だけではなく、広域に大量のリソースを保有・管理している事業者が共通に抱える課題に対して、価値提供を実現するものとなっており、より広い事業分野のお客様にその価値を提供できる可能性を有しています。
ユーティリティ企業を取り巻く課題と類似の課題をお持ちのお客様は、本ソリューションの活用をご検討ください。

関連サイト

ページの先頭へ戻る