This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. 【コラム】スマートエネルギー最前線
  4. ICTと蓄電技術が支える新しい電力供給システム
Main content starts here.

ICTと蓄電技術が支える新しい電力供給システム

写真:阿部 力也 氏東京大学大学院工学系研究科特任教授阿部 力也 氏

東日本大震災による原発事故を契機に、社会インフラの要ともいえる電力供給システムを見直す動きが顕著となっています。大規模集中型から分散自立型へのシフトが求められるようになり、その実現を支える新しい電力供給システムとして「デジタルグリッド」が発案されました。

今回は、デジタルグリッドの発案者である東京大学の阿部力也教授にお話を伺うとともに、デジタルグリッドの普及を目指して設立されたデジタルグリッドコンソーシアムと、NECのデジタルグリッドへの取り組みについてご紹介します。

スマートグリッドを更に進化させた“デジタルグリッド”

震災を経て、国民一人一人がエネルギー問題と向きあうようになりました。地球にやさしい自然エネルギーの導入や、自立した電力環境の確保にむけた動きが活発化しており、ビルや家に太陽光発電を導入することも珍しいことではなくなってきました。

しかし、自然エネルギーは天候や時間の影響を受けやすく出力が不安定であるといった欠点があります。加えて、従来の系統電力網はエネルギーを貯めることができず需要と供給を常に一致させる必要があるため、不安定な自然エネルギーが電力網へ大量に入ってくると安定した供給を保つことができません。

震災前より、ICTを活用して自然エネルギーを含んだ電力網全体の需給の効率化と最適化を行う仕組み、“スマートグリッド”と呼ばれる次世代電力網に注目が集まっていました。スマートグリッドについて阿部教授は、「スマートグリッドは電気料金の調整や電力使用の制限など、電力の負荷を制御することで送配電設備に対して受動的な制御を行う仕組みです。しかし、受動的な制御では一箇所で発生した停電や、それに連鎖しておきる大停電を抑制することができません。」と語ります。

この課題を解決するために、送配電設備を能動的に制御し、より柔軟に系統連系を強化させる新しい電力供給システムとして、“デジタルグリッド”が発案されました。

(2011年12月12日公開)

ページの先頭へ戻る