This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. 【コラム】スマートエネルギー最前線
  4. 自然エネ発電を、賢くコントロール
Main content starts here.

自然エネ発電を、賢くコントロール

写真:中継局

写真:子局

写真:太陽光フィールド

太陽光発電システムや蓄電池、電気自動車など、電気を発電したり蓄えたりするエネルギー機器が、今後、一般家庭にも広く普及することが予想されています。しかし、これら家庭内エネルギー機器の普及と、電力会社による現在の高度で安全な電力供給システムを両立することは、必ずしも容易ではありません。
スマートグリッド(賢い電力網)を活用し、各家庭のエネルギー機器を確実にコントロールして、社会の安全と安心を支える新技術を紹介します。

着々と普及が進む、クリーンな発電システム

「そろそろウチにも、太陽光発電を取り付けたいなぁ。環境問題にも貢献できるし、余った電力は電力会社に買い取ってもらえたら、ちょっとしたお小遣いにもなる。今なら国や自治体の補助金制度だって利用できるわけだし・・・。」

太陽光や風力など、CO2を排出しないクリーンなエネルギーを使った発電システムは、導入する企業や家庭にとって良いことずくめのように見えます。一方、電力会社の立場から見ると、環境に良いこの発電システムが世の中に増えれば増えるほど、ある“困った問題”と向き合う必要が出てくるのです。
この“困った問題”の解決策の1つとなる新技術の開発を、中国電力様とNEC(*)が共同で取り組んでいます。

  • (*)・・・発電所からオフィス・家庭まで、電力を安定して供給するための監視制御システムや、双方の間で情報をやり取りする通信装置、およびシステムの開発・製造で豊富な実績があります。

家庭の太陽光発電システムを、安全に電力供給システムに接続する

その問題とは、太陽光発電システムなどの家庭内エネルギー機器と、電力会社が管理する高度な電力供給システムとの協調・・・ということです。

写真:福島 慶NEC交通・公共ネットワーク事業部第二システム部マネージャー福島 慶

「日本では、家庭内で電気をどのように使っても、停電や周波数変動がほとんどない、非常に高度な電力供給システムが構築されています。しかし、太陽光発電システムや電気自動車など、電気を作ったり蓄えたりする仕組みが一般家庭に数多く普及すると、今までとは電気の流れが変わってしまうため、現在、各電力会社が実現している電力品質や安全を守る様々な仕組みが、きちんと動作しなくなる危険性が指摘されています。これまでの研究で、解決の目処が付いたものもありますが、まだまだ課題は数多く残っているのが現状です。
例えば、今後、太陽光システムが大量に普及すると、電線に各家庭から大量の電気が流れ込む時間帯が出てきます。そんなとき、もし電線が切れたらどうなるか?電力会社は自分が作る電気は安全に切ることが出来ますが、各家庭で作る電気までは止めることが出来ません。もちろん太陽光システム側にはこうした場合に発電を止めるための保護装置は付いています。しかしいずれ、エリア全体の電気を管理する電力運用者側で、こうした家庭内機器までリモート監視制御するニーズが出るだろう、というのが当社の着眼点です。」電力会社向け監視制御系ネットワークシステムの開発事業を統括する、NEC 交通・公共ネットワーク事業部 第二システム部 マネージャー 福島 慶は、こう解説します。

NECは電力会社向けに数多くの監視制御ネットワークを構築してきた実績があり、こうした技術を活用し、中国電力様と共同で、家庭内の太陽光発電システムなどエネルギー機器を電力会社の側から直接コントロール出来る新しいシステムを開発中です。

今回は、太陽光発電システムの普及と、スマートグリッド(=賢い電力網)の安定した運用を裏方で支える、この新しいコントロールシステムと、これからの可能性について紹介します。

(2010年9月30日公開)

ページの先頭へ戻る