ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. EV・PHV充電インフラ
  4. クラウド型EV・PHV充電インフラサービス
ここから本文です。

クラウド型EV・PHV充電インフラサービス

クラウド連携技術により、利用者様と事業者様の双方に多彩なメリットを提供します。

NECのクラウド型EV・PHV充電インフラサービスは、利用者様と事業者様の双方に多彩なメリットをもたらします。
C&Cクラウドを活用したサービス基盤づくりのノウハウや、これまで開発に取り組んできた多岐にわたるエネルギーコンポーネント技術で、充電ステーションの設備導入から、運用保守、利用実績の管理までをカバーするEV・PHV充電インフラサービスをご提供します。

図拡大するEV・PHV充電クラウドサービス・イメージ図

クラウド型充電サービス

ONEカードパス

充電器のマルチベンダ対応

誰もが、いつでも、どこでも使えるEV充電環境をご紹介

クラウド型充電サービス

NECのクラウド型充電サービスを基盤として、課金サービスによるビジネス展開が可能となります。

NECはすでに、電子マネー基盤と充電サービスをクラウド上で連携し会員認証や電子マネー課金、CRM連動をお客様に導入をしています。また、豊富な実証実験を通じ、システムの構築力の向上に努めています。

スムーズな課金を実現する”マルチ認証・課金サービス”

NECのC&Cクラウドの電子マネー基盤を活用することで、会員認証、電子マネー課金、CRMとの連動などが可能になります。また、クレジットカードや効果にも対応している課金認証・課金サービスを提供します。

24時間365日の遠隔管理

遠隔管理サービスによる保守業務など、クラウド型ならではのサービスでトータルでの事業者の運用を支援します。

マーケティングデータの収集・CRMへの活用

利用者、設置業者へのサービスを拡張するだけではなく、充電稼動状況管理による充電動向、課題抽出などがフィードバックされ、より良い充電環境の構築が可能です。

ONEカードパス

NECのクラウド連携技術により、NECクラウドセンターがハブ(中継センタ)として他社クラウドとも連携ができ、各事業者の相互乗入れを実現。それにより、日本どこでもご利用中の一枚の会員カードで、エリアを問わずに充電可能になります。現在利用中のカードがそのまま利用できるため、利用者の利便性が向上し、カード利用促進に貢献します。

充電器のマルチベンダ対応

NECの充電コントローラを通じ,様々な充電器をNECのエネルギークラウドと接続し、サービスを活用することが可能です。使用する事でことで、既存設置の他社充電器もクラウド接続が可能です。
高付加なクラウドサービスを低コストで導入可能となり、EV充電器すべてのサービスレベルが向上します。

EV・PHVクラウド充電サービス導入後の運用支援サービス

NECは、EV・PHV用充電器を設置する事業者向けに充電ステーションの運用を支援するための各種サービスを提供します。サービスの内容は、以下の通りです。

EV・PHV利用者向けサービス(サービスの運用は、事業者様になります)

  • 設置場所や利用状況(満空情報)を表示する「充電ステーション・マップ」を提供
  • 利用者の携帯端末などに、充電完了通知のメールを配信
  • 非接触ICカードを用いた、充電時の会員認証サービスを提供

設置事業者向けサービス

  • あらかじめ登録された会員の利用実績を提供するため、実績に応じた利用料の請求が可能
  • 無人ステーションの監視や休止、再起動などの遠隔監視制御を実現
  • 24時間、365日の点検・保守、コールセンターサービスの提供
  • 電力ピークをコントロールする、エネルギー・マネジメントサービスの提供

新着情報

ページの先頭へ戻る