ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. EV・PHV充電インフラ
ここから本文です。

EV・PHV充電インフラ

クラウド連携技術により、利用者様と事業者様の双方に多彩なメリットを提供します。

街を走る電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)が徐々に増え続けています。しかし、本格的に普及させるには”充電インフラの整備”が不可欠です。
 
NECでは、サービスステーションに留まらず、コンビニやショッピングセンター、娯楽施設、空港や駅などの公共施設まで、さまざまな施設に充電インフラを提供します。さらに、事業者の運用を支援するクラウド型だから可能な充電サービスを提供することで、充電インフラの整備とEVやPHVの普及に貢献していきます。

誰もが、いつでも、どこでも使えるEV充電環境をご紹介

クラウド型EV・PHV充電インフラサービス

EV・PHV充電インフラ・イメージ図拡大するEV・PHV充電インフラ・イメージ図

  • クラウド型充電サービス
    個人認証、充電のマルチ課金、遠隔保守、充電マップ提供など様々なサービスを提供します。
  • ONEカードパス
    日本全国どこでも一枚のカードで充電が可能です。
  • 充電器のマルチベンダー対応
    専用コントローラを通じて様々なメーカーの充電器を接続します。

クラウド型充電器

クラウド型充電器

普通充電器および充電コントローラをご提供します。

新着情報

ページの先頭へ戻る