ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. AMI ソリューション
ここから本文です。

AMI ソリューション

ユーザーと配電事業者間の双方向通信により、スマートグリッドで新しいビジネスを創出します。

スマートグリッドの基盤システムであるAMI(Advanced Metering Infrastructure)ソリューションを、ビジネスニーズに応じて統合的にサポートしご提供します。

システム導入の国内実績、およびNECの強みであるネットワーク技術を活かし、エンドポイント(住宅、ビル、工場などに設置する通信機器)からMDMS (Meter Data Manegement System)、さらには、xEMS (エネルギーマネージメントシステム)、蓄電システムなどと連携したトータルエネルギーソシューションを国内外で展開いたします。

自動検針システムの構築

自動検針システムとは、通信機能を用いて、住宅等に設置されている電力量計の値を自動的に読み取るシステムのことです。各家庭や企業の電力使用量の検針データの把握や、電力供給の入り切りが遠隔で操作できるとともに、30分に1回の周期での電力需要量を確認することも可能になります。これにより、電力需要の想定がしやすくなり、適正な設備増強時期の判断材料になります。

NECでは、各家庭や企業と電力供給会社とを結ぶ通信ユニットや収集ゲートウェイ、検針データ収集システムを構築し、検針業務の効率化をサポートします。

自動検針システム(AMI)拡大する自動検針システム(AMI)

分散型電源用転送遮断システム

分散型電源と呼ばれる太陽光発電やバッテリが一般家庭まで広く普及した場合、電力会社による現在の高度な電力供給システムに、様々な問題が生じると言われています。

NECでは、停電事故時など分散型電源が電力系統へ悪影響を与える可能性が生じた場合に、電力系統側から分散型電源をリモート制御で確実に切り離す「分散型電源転送遮断システム」を中国電力株式会社と共同で開発し、実証試験を進めています。

図:分散型電源用転送遮断システム(μ-DX)

供給側蓄電システムの開発

NECでは系統向けの大規模蓄電システムの構築とともに、コミュニティの配電網の中で蓄電システムを設置することでピークカットや電力の平準化を可能にするための実証実験に参画しています。

新着情報

ページの先頭へ戻る