ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. 蓄電池・蓄電システム
  4. 法人用小型蓄電システム
  5. エネルギー課題と解決策
  6. データセンターにおける電力の信頼性向上
ここから本文です。

データセンターにおける電力の信頼性向上

  • サブカテゴリ:
    • BCP
  • 場所:
    • データセンター
      (重要負荷設備)
  • テクノロジーテーマ:
    • EMS
    • ビッグデータ

お客様の課題データセンターにおけるエネルギーの有効活用

プライベートからパブリックまで“クラウドサービス”が普及している現在、企業などの大量のデータを預かるデータセンターは、極めて重要な社会インフラの一つとなっています。地震や台風などの災害のほか、事故による停電への備えが重要です。

データセンターを構成するサーバなどの機器や、発熱する機器を冷却するための冷房システムは電気で稼働しています。停電はこれらの機器をストップさせ、利用者に甚大な影響を及ぼします。24時間365日、国内外を問わず、アクセスされるデータセンターは事業継続性の高さがユーザーに対する信頼性の向上に不可欠です。

地震や台風などの災害のほか、事故による停電への備えが必要なデータセンター

NECからのご提案蓄電システムの導入など、万一の停電や災害時における更なる対策が必要不可欠です

データセンターでは、停電などの非常時への備えとして、自家発電装置の導入、複数電源による電力供給体制の構築などの多段階・多重な対策が行われているのが一般的です。災害時における更なる対策として有効なのが、再生可能エネルギーや蓄電システム、エネルギー・マネジメント・システム(以下、EMS)の導入です。
EMSは常にシステム全体を監視し、多段階・多重に設置されたエネルギー供給源をその時々に応じ、最適なバランスで利用することが可能となります。

自家発電装置は、停電して電力会社からの電力供給が途絶えると、運転を開始しますが、燃料がなくなると停止してしまいます。また、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーは天候によって発電量が左右されます。EMSや蓄電システムを活用することで再生可能エネルギーを効率よく蓄え使うことでより長い時間電気を使うことが可能になります。

また、NECの「異種混合学習技術」は高精度な予測を現実的な時間内で可能とするEMSを提供することを可能とします。

「異種混合学習技術」とは、多種多様なデータから、簡単に複数の規則性を自動的に発見し、状況に応じて最適な規則性を選択するというNEC独自のアルゴリズム技術。ビッグデータなど、多種多様なデータに混在するデータ同士の関連性から特定の規則性を自動で発見するとともに、分析するデータに応じて参照する規則を切り替えます。このことにより、“単一の規則性のみを発見するような従来の機械学習”では分析が困難であった“規則性が変化するデータ”でも、高精度な予測や異常検出が可能になります。
NECは、さまざまな規模のデータセンターに適した蓄電システムを提案することができます。さらに、NECは自社でデータセンター事業を運営。2016年に開所した「NEC神戸データセンター」では、蓄電システムを導入し、事業継続性の向上に役立てています。

NECの蓄電システムラインナップ世界の電力会社やデベロッパーから一般家庭まで様々な規模の用途に応じた蓄電システムをご提案しています。

ご提案による効果効率的・安定的なデータセンター運営で、万一の停電時も電力供給を実現

NECは、データセンターの規模に応じた最適なEMSを構築します。自家発電装置や再生可能エネルギー、蓄電システムとの併用により、高効率、高信頼性な電力を提供します。また、NECのICTと連携させることで、見える化・監視・制御などを行い、効率的なエネルギーマネジメントを実現。災害による停電時も安定的な電力供給が可能になり、企業活動を支えます。

クラウドサービスにより、24時間365日無休でエネルギー活用データをNECが収集・管理しているので、メンテナンスに役立てることも可能です。さらに、NECなら全国にサービス拠点があるので、万一の時も安心です。

停電時は蓄電システムから切り替えるイメージ図停電時は蓄電システムに切り替えます。

このソリューション・製品がお客さまの課題を解決します

停電時の電源の確保による事業継続の担保

関連のある事例を厳選してご紹介

  • サブカテゴリ:
    • BCP
  • 場所:
    • データセンター
      (重要負荷設備)
  • テクノロジーテーマ:
    • EMS
    • ビッグデータ

ページの先頭へ戻る