This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. NECのスマートエネルギー
  4. 蓄電システムの構成
Main content starts here.

蓄電システムの構成

NECの蓄電システムの基本構成

家庭用蓄電システムを例にして、蓄電システムの構成をご説明します。

蓄電システムは、電力を貯める蓄電池と、蓄電池の電力を直交変換するパワーコンディショナ(PCS)、それらを制御し系統電力や太陽光発電設備などとの連動を可能とするシステムコントローラで構成されています。

図版:蓄電システムの構成要素蓄電システムの構成要素

耐性・安全性・長寿命・エネルギー密度が高いラミネート型リチウムイオン電池

NECが採用しているラミネート型リチウムイオン電池の最小単位はセルと呼ばれます。個々のセルは車載電池のノウハウを活用し衝撃や熱に対する耐性を高め、安全性が高くかつ長寿命、さらにエネルギー密度が高いことが特長です。セルを集めたモジュールは高密度設計で熱設計においても高安全性を確保しており、万が一の発熱にも筐体(きょうたい)そのものでカバーします。モジュールを適切な数量でまとめたパックを、保護、制御回路であるバッテリーマネジメントユニット(BMU)で管理します。BMUではパックや個々のセルの安全性やバランスの制御、高電圧制御を行います。

さまざまなエネルギー源を効率よく変換するパワーコンディショナ(PCS)

パワーコンディショナは、蓄電池の直流電力を交流電力に変換したり、電気製品の利用や電力系統との連系に適した電圧や周波数に調整したりする機能を持ちます。さらに、太陽光発電などの分散型電源との連動を可能にし、さまざまなエネルギー源を効率よく変換させます。

システムコントローラによるエネルギーマネジメント技術

NECの蓄電システムは、個々のセルやモジュールの働き、蓄電システムと系統電力の連動などをシステムコントローラによって一括制御、データを一元化します。制御ソフトウェアによるきめ細やかなエネルギー管理、外部接続の安定化など、ICTを利用したエネルギーマネジメントシステムを提供していきます。

今後、ホームエネルギー・マネージメントシステム(HEMS)との連携により、家庭内の蓄電状況を見える化し、モード切り替えの遠隔操作や賢い節電など、多岐にわたってサービスを展開することが可能です。

ページの先頭へ戻る