ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. スマートエネルギー
  3. 蓄電池・蓄電システム
  4. 法人用小型蓄電システム
  5. 7.8kWhモデル 商品仕様
ここから本文です。

法人用 リチウムイオン電池搭載 小型蓄電システム

7.8kWhモデル 商品仕様

システム構成例

商品構成

図蓄電システム本体

図操作パネル

7.8kWhモデル 蓄電システム 本体仕様表

蓄電ユニット

型名 ESS-003007C0/ESS-003007C1
入力 系統入力 定格電圧 単相3線 100/200V
PV自立入力 定格電圧 単相2線 100V
出力 系統連系 定格電圧 単相3線 100/200V
出力系統数 2系統(一般負荷・重要負荷)
定格出力※1 3.0kW(系統)・1.5kW(重要)
自立運転 定格電圧 単相2線 100V
定格出力 1.5kVA
蓄電池 定格蓄電容量※2 7.8kWh
初期実効容量(JEM1511) 6.2kWh
電池種類 マンガン系リチウムイオン蓄電池
充電時間※3 約8時間
期待寿命※4 5,500サイクル
環境条件 動作温度 -10~+40℃
保管温度 -20~+40℃
防水仕様 IPX5相当
構造 外形寸法 幅980×奥行300×高さ1,150mm
質量 約150kg
騒音※5 40dB以下
装置期待寿命※6 15年
  • ※1:放電中には系統への逆潮流を防止するために蓄電システムからは使用電力量(太陽光発電から供給されている電力量は除く)の約95%までを放電し、残り約5%は買電
  • ※2:単電池(セル)の蓄電容量合計
  • ※3:0%から満充電までの時間
  • ※4:25℃環境下で放電深度(DoD)100%を1サイクルとして電池残容量が50%未満となる場合
  • ※5:1m・A特性時
  • ※6:弊社指定設置条件範囲内での動作時
  • (注)本機器はECHONET Lite対応HEMS(IG0001STC/CM)との連携が可能。なお、ECHONET Liteはエコーネットコンソーシアムの登録商標です。
  • (注2)ESS-003007C1はECHONET Lite Version 1.12 APPENDIX Release Hの認証を取得しております。
    2017年5月以前の出荷製品はソフトウェア更新により、対応ソフトウェアが適用されます。

操作パネル仕様(付属品)

使用温度範囲 -10~+40℃
外形寸法 幅196×奥行30×高さ137.5mm(突起物含まない)
質量 約0.42kg(アンダープレートを除く)

お願い

  • 医療機器を、「重要負荷」には接続しないでください。
  • リチウムイオン蓄電池を内蔵しているため、陸路以外の輸送は法令により制限されています。
  • 小型蓄電システムは設置工事が必要です。

設置場所について

本システムの設置場所を決定するときは、以下の事項を考慮してください。

  • 小型蓄電システムは、寒冷地を除く日本国内仕様です。日本国外と寒冷地(日本)での使用はできません。(販売地域は北海道、沖縄、離島を除く「省エネルギー基準地域区分3~7地域」です。省エネルギー基準については、ホームページをご覧ください。)
  • 幅2,180mm以上×奥行780mm以上×高さ1,500mm以上を確保してください(本製品スペース含む)。
  • 日本冷凍空調工業会標準規格JRA9002-1991「空調機器の耐塩害試験基準」に基づく、重塩害地域には設置できません。
  • 排水溝の近くなど水蒸気の発生する場所、油煙の発生する場所を避けてください。
  • エアコンの室外機、ファンヒータの排気口、その他、給湯装置や燃料電池装置などの発熱体から離して設置してください。
  • 年間を通じて運用温度(-10~+40℃)の範囲を超えない場所に設置してください。
    -10℃以下の低温時は動作しません。
  • 直射日光が当たらない場所、水はけのよい場所に設置してください。
  • 積雪の少ない場所や浸水のおそれのない場所に設置してください。
  • 標高1,500mを超えない場所に設置してください。
  • 可燃性、または腐食性の蒸気・液体・ガス、粉塵のない場所に設置してください。
  • 本体装置に影響を与えるような磁束線が発生しない場所に設置してください。
  • 人が常時接しない場所に設置してください。
  • 医療機器やデスクトップPCなど瞬断に耐えれらない機器は接続しないでください。

リチウムイオン電池のリサイクルのお願い

JET

蓄電システムは、蓄電池容量7.8kWhのリチウムイオン電池を内蔵しています。リチウムイオン電 池は、ニッケル、銅、アルミニウムなどの貴重な金属が 使われていますので、限りあるこれらの資源を有効に使うために、リチウムイオン電池の回収・リサイクルにご協力をお願いします。なお、蓄電システムに内蔵 のリチウムイオン電池はリサイクル促進のために、右記リサイクルマークと電池種別(Li-ion 10)を表示しています。
使用済み製品の廃棄時には、お買い上げの販売店までお問い合わせ願います。
また廃棄時には、リチウムイオン電池の充電量をゼロ(空)にして頂ける様お願いいたします。輸送時およびリサイクル時の安全確保のためにご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る