ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. EMCストレージ製品
  4. ハードウェア製品一覧
  5. RecoverPoint
  6. 特長/機能
ここから本文です。

RecoverPoint 特長/機能

災害復旧・データ保護

特長

  • データはどの時点からでも自由に復旧可能
  • 復旧点はデータ内容をチェックしながら、選択可能
  • データの圧縮・重複排除機能で転送(WAN)帯域を削減
  • シンプルな操作によるシステム管理・運用

データはどの時点からでも自由に復旧可能

RecoverPointは復旧点を任意の間隔で自由に設定できます。

どの時点へも復旧可能(CG単位でのブックマークから選択して復旧)

復旧点はデータ内容をチェックしながら、選択可能

設定に従いシステムが自動的にブックマークを作成します。
また、ユーザが任意の地点でブックマークを作成することもでき、画面で確認しながらのクリック操作で指定のブックマークに戻すことが可能です。

データの圧縮・重複排除機能で転送(WAN)帯域を削減。

RecoverPoint はサイト間の帯域を要件に合わせて適正に管理しデータ転送量を削減することができます。
圧縮機能と重複排除の技術により、サイト間を接続するWANのデータ流量を大きく削減できます。

圧縮機能

CGごとに圧縮レベルを High 、Medium 、Low 、None の4種類から選択することが可能です。
圧縮の効果が高い順にHigh → Medium → Lowと設定されており、圧縮を使用しない場合は None を選択します。

重複排除技術

データが、すでにレプリカ済みか新規かを判断し、ユニーク データのみを圧縮し転送します。

シンプルな操作によるシステム管理・運用

Unisphere for RecoverPoint は、管理端末上のWebブラウザ経由で RecoverPoint システムの管理・運用の操作ができます。

機能

コピーは3種類。ローカルのみにコピーをとる CDP 、リモートのみにコピーをとる CRR 、ローカルとリモートの双方にコピーをとる CLR になります。

  • ローカル保護
    CDP(Continuous Data Protection)ローカル・サイトに作成されたスナップショット
  • リモートサイト保護
    CRR(Continuous Remote Replication)リモート・サイトに作成されたスナップショット
  • ローカルおよびリモートの同時保護

    CLR(Continuous Local/Remote Replication)ローカル・サイトとリモート・サイトに作成されたスナップショット

機能詳細

ローカル保護(CDP)

運用サイトなど単一拠点に設置されたストレージ装置(VNX)に格納されたデータをRecoverPointで同期保護します。

RecoverPointのCDPは従来のバックアップではできなかった“どの時点からでも復旧可能”

  • 管理用端末(OS:Windows)は、別途ご用意ください(RecoverPointの運用、保守用)

リモート保護(CRR)

運用サイトのストレージ装置(VNX)に格納されたデータを RecoverPoint で災害対策用サイトのストレージ装置(VNX)へリモート保護します。リモートレプリケーション方式は、管理対象データを圧縮・重複排除を行う非同期型をサポートします。

  • 管理用端末(OS:Windows)は、別途ご用意ください(RecoverPointの運用、保守用)

ローカル+リモート保護(CLR)

運用サイトのストレージ装置(VNX)に格納されたデータを以下のよう同期・非同期で保護します。

  • 拠点内ではRecoverPointで同期保護
  • 災害対策用サイトのストレージ装置(VNX)には、RecoverPointによるデータ圧縮・重複排除による非同期型リモートレプリケーション保護

  • 管理用端末(OS:Windows)は、別途ご用意ください(RecoverPointの運用、保守用)

ページの先頭へ戻る