ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 組込みシステムソリューション
  4. 機能・目的別メニュー
  5. カメラ・スキャナ・センサ
ここから本文です。

カメラ・スキャナ・センサ

CMOSセンサカメラモジュール

バックモニタ用車載カメラモジュール

モジュール製品写真(SDカードとのサイズ比較)

  • バックモニタ用途に適したレンズ設計

    • 水平画角180°対応・歪補正レンズ搭載
      バンパーの両端まで直線的な映像
    • バンパー周辺も歪の少ない映像

  • 超小型・軽量

    • CMC-01C :17.0(H)×17.0(W)×21.8(D)mm 約8.2g(ケーブル除く)
    • CMC-01CM:17.0(H)×17.0(W)×21.0(D)mm 約6.8g(ケーブル除く)(レンズ部は14.0mm口径)

  • 優れた暗視特性を実現

アナログ出力カメラモジュール

製品写真(31万画素・NTSCの2種)

  • 優れた暗視特性を実現
  • 小型・軽量の車載カメラ
  • 31万画素・NTSC出力

デジタル出力カメラモジュール

CMC-025LとCMC-055Lの製品写真

  • 画像処理、画像認識に最適な車載カメラ
  • CMC-02SL: 100万画素・LVDS出力
  • CMC-05SL: 130万画素・LVDS出力・高感度

HDR対応アナログ出力カメラモジュール

CME-03、従来カメラ映像、CME-03映像

  • HDR(High Dynamic Range)に対応
    • 明暗混在する環境でも”白飛び”や”黒つぶれ”がなく、見やすい。
  • 31万画素・NTSC出力

ワードビュー歪補正カメラ

製品写真(31万画素・USB2.0と100万画素・LVDS)

  • 水平180度の広角レンズを搭載
  • カメラモジュール内で映像の歪補正処理
    • 後段での画像処理を軽減
  • 31万画素・NTSC出力

詳細を見る

複合機用スキャナユニット/スキャナモジュール

カスタム対応も可能な業界最小・最軽量の複合機用スキャナ

複合機用スキャナモジュール

A4スキャナユニット

  • A4スキャナ製品として装置化も可能
  • 同時両面として、業界最小・最軽量(サイズは他社片面専用機同等以下)
  • 業界最強の搬送能力(名刺、ハガキ通紙可能)

A3カラー複合機用スキャナユニット

  • 30ppm@600×600dpiモデルを生産中
  • ドキュメントフィーダは、積載枚数70枚、メカニカル両面(3パス式)
  • 業界最小・最軽量(W550,D473,H150:mm・10kg)

A3カラー複合機用スキャナモジュール

  • 読取速度 120ppm@300dpiに使用可能
  • スキャナの小型化、コストダウンに貢献
  • モジュール単品としても使用可

スキャナユニット/スキャナモジュール

カスタム対応可能な組込み用の画像入力モジュール

スキャナユニット/スキャナモジュール

  • CCDによる縮小光学系をコンパクト化
  • 読み取りヘッド部のみの提供、読み取りサイズ(A4、幅300mm~1800mm)各種対応など、お客さまのニーズに合わせたカスタム対応、開発生産可能
  • 主な用途
    ・画像データを情報媒体とするシステム機器への組込み
    ・大判の被検査対象の外観検査
    ・対象物の加工位置、寸法等を高精度で測定
    ・深い被写界深度による立体物の検査・測定

詳細を見る

スキャナ方式ラインカメラ(検査用スキャナ)

高速で高精細な画像を読み取り、画像から形状・外観・色・ 数量・異物等の定量検査にご活用いただけます

スキャナユニット/スキャナモジュール

  • 高解像・低ノイズの画像を取得できます
  • 高速で読み取りますので、短時間で大量にスキャンできます
  • 立体物(60mm程度)もスキャンできます
  • コンパクトなサイズになっておりますので、お客さまの製品の小型化が可能です
  • 読み取りに必要なユニットをスキャナ内にAll in Oneで実装しておりますので、設置・保守が大幅に容易になります
  • お客さまのご要求に合わせてカスタマイズ(光源、読み取り速度、読み取り解像度等)も可能です

詳細を見る

加速度・温度センサ データ収集システム

セキュリティ技術を組込んだ「センサデータ収集システム」

センサデータ収集システムの構成図

  • 軽量暗号/認証暗号技術を用いて、セキュアな通信を実現することで、正しいデータによるシステムの予兆監視や制御が可能
  • 3軸加速度と温度センサを搭載し、センサ内で一次解析を行う事で、狭帯域な通信路でもデータ転送が可能
  • 920MHz無線により、生産現場などの電波干渉の多い環境でもつながりやすさを実現

詳細を見る

ページの先頭へ戻る