ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 組込みシステムソリューション
  4. 画像・映像処理
  5. 画像認識による種類・個数の物品識別システム
ここから本文です。

画像認識による種類・個数の物品識別システム

「画像認識による種類・個数の物品識別システム」でできること

  • 商品パッケージなど形が決まった物品を識別し計数することができます
  • 農作物など個体差がある物品でもリアルタイムに種類や個数を識別することができます
  • お客様環境に合わせて、最適な構成でシステムを構築することができます

計数を行う場面のイメージ図

検品を行う場面のイメージ図

物体認識エンジンとは

「画像認識による種類・個数の物品識別システム」において中核をなすのがNECの物体認識エンジン。

物体認識エンジンは、 NECが独自に開発した画像認識アルゴリズムにより、高速・高精度に画像解析を行うエンジンです。このエンジンを用いることで、商品パッケージや農作物などの物品の種類や個数を識別することができます。予め対象物の画像の特徴を登録・学習しておき、撮影画像の特徴と比較することにより物品を識別します。

  • 被写体・撮影環境等の状況により、フィジビリティ検証が必要です

導入効果

人手で行う対象物の識別を自動化し、生産・出荷プロセスの最適化・効率化を実現します。

  • 作業効率の向上
  • 判断基準の定量化
  • リアルタイムに状況把握
  • 低コスト・省スペースで生産ライン拡張を実現

適用分野

工場・生産ライン

工場のマーク

  • 作業工程・検査の自動化による生産性向上
  • 作業者へのフィードバックによる出荷商品の品質向上
  • 生産状況の把握

株式会社北研様の生産ラインでの導入事例

農業・水産業

農業・水産業のアイコン

  • 農作物・水産物の種別・個数の自動識別による梱包・出荷作業の効率化

物流

物流のアイコン

  • 入出荷・検品作業の効率化
  • 荷卸し作業の効率化

小売業

小売業のアイコン

  • 陳列商品数・欠品数の把握・管理
  • 棚卸し作業の効率化

自動車車種識別

自動車のアイコン

  • 車両特定の効率化
  • 店舗や施設への来場者層のトレンド把握
  • EV・PHV入場台数計測による充電器導入効果の検証

「画像認識による種類・個数の物品識別システム」詳細資料ダウンロード

「画像認識による種類・個数の物品識別システム」をもっと詳しく知りたい方へ

特長、システム構成例、導入事例を中心に詳しくご紹介します。

ダウンロードページへ

会員登録(無料)が必要です。

ページの先頭へ