Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

大学

大学におけるクラウド事情

これまで多くの大学では、教育研究システムおよび業務システムを全て学内で管理・運用してきました。しかし、システム管理体制、コスト等により恒常的かつ充実したサービス提供を継続的に行う上での課題は多く、また、BCP/DRの観点から、災害発生時にも安定的な運用に対するニーズも高まっています。

一方、スマートフォンやタブレットPCなど携帯端末の急速な普及もあり、電子メールなどのコミュニケーションツールを短期間で安く活用できるパブリッククラウドが注目されていますが、基幹系システムや認証基盤については、より高いセキュリティの確保やアプリケーションのカスタマイズなどの柔軟性が求められるプライベートクラウドが求められています。

理想的な大学クラウド環境の実現

NECは、大学からの要求が高いコスト削減、省エネ、セキュリティ対策、可用性の向上などを実現する、ハイブリッドクラウド(オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドの組み合わせ)をご提供します。このシステムでは、、利用者がクラウド構成を意識せずにセキュアかつスムーズに各サービスの利用が可能となるShibboleth(シボレス)認証連携、持ち込み端末の利用や自宅からのリモートアクセスなど柔軟な学習環境を学生に提供できる仮想デスクトップなど、クラウド時代にふさわしい学生サービスやシステム運用が可能なソリューションをご提案します。



関連製品:Active Campus(アクティブ・キャンパス)

NECの大学トータルITソリューションActive Campusシリーズは、教育、広報、事務、就職支援、図書館など様々な場面でその情報技術を活用していただくことにより、大学における業務効率化、学生サービスの充実を実現します。


文教・科学ソリューション


Share: