ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. EDIAI Server
  4. 製品体系/価格
  5. EDIAI Server/Lite
ここから本文です。

EDIAI Server / Lite

流通BMSへのスムーズな移行と基幹業務との連携の効率化を実現

EDIAI Server/Lite は、小規模なシステム連携向けの製品として新たにラインナップ。
1社との間で流通BMS を実施したいというニーズに応え、Windowsシングル構成で 1プロトコルから始めることが可能なスタートセットです。
さらに、将来の取引規模の拡大や取引先の増加に際して、上位のライセンスへの移行パスをご用意しております。

EDIAI Server/Lite 1

製品の特長

EDIAI Server/Lite が提供する主な安心のポイント!

  • 1プロトコル・2回線(同時通信多重度)モデルからスタート
    まずは 1社との間で流通BMS を始めたい場合、1プロトコル2回線モデルでシステムを構築
  • Windowsシングル構成 1ノードタイプ、4回線までの小規模版
    小規模構成を手軽に導入可能な価格設定で、最大 4同時通信多重度までの拡張が可能
  • システム規模の拡大にも柔軟に対応
    通常の EDIAI Server と同じベース機能上で実現しているため、システム規模拡大時には移行モジュールライセンスの適用により、容易かつ柔軟に大規模版へ対応可能
  • プロトコルは接続形態に合わせて選択
    接続形態に合わせて、従来のレガシー手順や「JX手順」「ebXML/MS手順」「EDIINT AS2手順」「サイト巡回(WebEDI連携)」およびその他の連携機能(eメールなど)より選択可能

導入構成例

例えば、JXクライアントのみの最小構成で、まずは 1社と流通BMSを実施!

EDIAI Server/Lite 2

ページの先頭へ戻る