ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. EDIAI Server
  4. 特長/機能
  5. 機能詳細
  6. 通信機能
ここから本文です。

通信機能

蓄積交換型ファイル管理機能

  • ファイル転送や振り分け・フォーマット変換等の処理をされたデータは、全てEDIAI Serverの取引先或いは連携システム毎に割り当てられたメールボックス中にステータス管理された状態のファイルとして管理されます。

  • ファイルはデータ種(例えば注文データ)に対応します。「EDIAI Server」では、個々の物理ファイルに日付+シーケンス番号を付加して管理することにより、二重配信やデータの上書きを排除しています。

  • 蓄積交換型ファイル管理の為、ファイル転送のエラーやデータを使用するアプリケーションが異常時には、データはメールボックス中に保持され、障害復旧された時点で利用されます。

ファイル転送機能

VAN、専用線・公衆回線などを利用した従来からのEDIに対応
インターネットを活用した新しいEC/EDIへの対応

  • FTP手順(Server機能)
  • NISMAIL(独自TCP/IP)手順

  • 全銀ベーシック手順 [オプション]
  • 全銀TCP/IP手順 [オプション]
  • JCA手順 [オプション]
  • FTP手順(Client機能) [オプション]
  • SMTP/POP3(Client機能) [オプション]
  • 流通BMS(ebXML/MS、EDIINT AS2、JX手順) [オプション]
  • SFTPクライアント [オプション]
  • 注)全銀ベーシック手順及びJCA手順を利用の際は別途、回線数に応じたプロトコル変換機が必要となります。
    対応プロトコル変換機:セイコープレシジョン社製のUST、日立ソリューションズ社製のPCNT20T

自動リトライ機能

全銀/JCA転送およびNISMAILのサーバ間転送(独自転送)で相手との接続ができない或いは転送中に接続が切れた等の障害を検知し、自動的にリトライを行うことが可能です。

  • 注)リトライ回数/間隔は設定が可能です。

FIFO制御

FIFO(First In First Out)制御
データファイルの受信からEDI処理、EDI処理から送信格納に於いて、宛先およびデータ種、処理が同一の場合は追い越しを防ぎ、待ち合わせを行います。

JOB実行制御

データファイル(電文)の受信を契機として、関連するJOB(EDIAI ServerのEDI処理)の自動実行を行います。即時実行とスケジュール及び他のプログラムから実行する2パターンが可能です。

ページの先頭へ戻る