ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. EDIAI Server
  4. 導入事例
  5. カトーレック株式会社様
  6. 将来展望
ここから本文です。

カトーレック株式会社様 導入事例 - 将来展望

現在稼働中のEDIサービスの統合と物流サービスの向上を目指す

今後、カトーレック様では、現在メインフレーム上で稼働している各荷主へのEDIサービスを、順次、新システムへと移行していく考えだ。 「物流EDIの標準化が浸透していくことに期待していますが、現実は、各社とも多大な投資をした既存システムを持っており、すぐには実現出来ない状況にあります。そのため、多様なデータ変換に迅速に対応できる体制を整えた事は、共同配送等の物流サービスを向上させる点でも大きな意味があると考えています。NECグループには、そうした一連の取り組みを技術的な側面から支援する提案、サービスを今後も期待しています」と平野氏。その言葉からは、NECグループに対する大きな信頼感がうかがえる。

EDIシステムオープン化に関わったプロジェクトメンバーの写真EDIシステムオープン化に関わったプロジェクトメンバー

(2009年5月15日現在)

ページの先頭へ戻る